GRIT(グリット) 平凡でも一流になれる「やり抜く力」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GRIT(グリット) 平凡でも一流になれる「やり抜く力」

  • ISBN:9784822251925

ファイル: /

内容説明

GRIT(グリット)は、いま米国で最も注目されている「成功のためのキーワード」です。
最新科学で明らかになったのは、「真の成功」のための最重要要因は、生まれながらの才能やIQではなく、GRITだということです。(むしろ「IQの高い人は、自分を過信し、努力を怠る」)
GRITは、Guts(度胸)、Resilience(復元力)、Initiative(自発性)、Tenacity(執念)の4つの要素からなり、「やり抜く力」を意味します(それぞれの頭文字をとると、GRITになります)。
スティーブ・ジョブズ、コリン・パウエル、マイケル・ジョーダン。いずれもそれぞれの分野で活躍し、成功者の代名詞になっている人物ですが、みんな普通の子どもであり、テストの成績も平均的で、突出した存在ではありませんでした。
では、彼らを偉大にしたのは何だったのか? それは、生まれながらの才能ではなく、GRIT、つまり度胸や情熱、執念だったのです。
成功への最重要ファクター「GRIT」の素晴らしいところは、生まれつきのものではなく、学習によって獲得できることです。しかも、年齢は関係ありません。いつでも誰でも、GRITを身につけることができます。
本書は、豊富な実例をもとに、GRIT(グリット)の身に付け方を手ほどきします。著者は、米国広告業界に旋風を起こしたリンダ・キャプラン・セイラーとロビン・コヴァル。
彼女たちは、アフラックのアヒルCMの発案者として米国で広く知られています。
ビジネスシーンや、子育て、日常生活の場面において、GRITをどのように育成していけばいいか、具体的かつ実践的に解説します。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

はるき

34
分析ではなく、例文特集。熱くて良いですが、スッキリはしないかな。継続して努力すれば、凡人が天才に勝てる。勇気が出るような、凄いプレッシャーをかけられているような…2018/05/17

sas

23
偉大な成功者たちの共通点は、才能やIQではなく、GRITT(やり抜く力)である。成功するには、才能や知性よりも情熱や忍耐の方が重要。最悪の状況下でも、強い覚悟でリスクを取り、目標に向かって進み、最後までやり遂げる情熱と忍耐を発揮することが大事。生まれつきのものではなく、学習によって獲得できる。グリット養成法:①やるべきことを片付ける、②入念すぎるほどの準備をする、③まずはチャレンジする、④30分余計に頑張る、⑤魔法の言葉に頼る、⑥現実を知る、⑦綱渡りに備える、⑧言い訳をやめる、⑨居心地の悪い状況をつくる。2018/03/10

Susumu Tokushige

19
もうひとつのGRIT本。原題は『Grit to Great』。本書は『「真の成功」に必用なのは才能やIQではなくGRIT(やり抜く力)である』とし、GRITを使って成功を遂げた人々の事例を多く紹介している。本書で最も衝撃を受けたのは、第七章『期限は無限』の項。読み書きができなかったヘンリーは92歳でアルファベットを学び、96歳で手書きで回顧録を書き始めて98歳で出版した。『知力が衰えるのは、それを使わなくなったとき』とし、GRITに年齢は関係無く何歳からでも始められることを証明。素晴らしい。勇気を貰えた。2017/05/08

黒頭巾ちゃん

14
▼情熱、忍耐、継続力が才能を上回り結果を出す▼睡眠は脳の毒素を洗い流す▼小さなできた成功を積み上げる▼待つ、何もしない時間を作り自制力を養う。携帯など物理的に切り離す▼人のためや今あるものに感謝すると脳によい▼いつも入力するパスワードをやることなどにする。kinenなど▼失敗は成功の母。失敗を反省ではなくどうすればできたかを復習する▼頼まれたら断らない。あなたができると思って頼んでいる▼断られることはチャレンジしたこと。断られることに慣れて行けば成功する▼イメトレは行動を阻害する▼毎日30分でも無理をする2018/08/13

とよぽん

13
予測できない困難、自分自身の弱さ、周りの環境、時代の推移など。私たちの前進を阻むものは数えきれないほどある。けれども、著者は「GRIT」つまり「やり抜く力」があれば素晴らしい成果を手にすることができると述べる。成功者の例はアメリカの人々であるが・・・。IQよりも非認知的能力の偉大さを再確認できる本だ。2017/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11230241

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。