HJ文庫<br> 魔王さまと行く! ワンランク上の異世界ツアー!!

個数:1
紙書籍版価格 ¥701
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

HJ文庫
魔王さまと行く! ワンランク上の異世界ツアー!!

  • 著者名:猫又ぬこ【著】/U35【イラスト】
  • 価格 ¥701(本体¥638)
  • ホビージャパン(2016/11発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784798612874

ファイル: /

内容説明

結城颯馬は旅を愛する魔王である。人間界との戦いで荒廃した魔界に日本から召喚され、魔界復興に辣腕を振るってきた彼は、人類との和平を目指してある計画を立てる。人間界の有力者を魔界に呼び、魔界の魅力を知ってもらうこの計画、招待されたのは人類最強の「聖十三騎士団」の女騎士だった。警戒する女騎士たちだったが、颯馬の内政チートを活かしたご当地グルメや温泉で歓待されるうち、身も心も颯馬に蕩(とろ)かされ――。旅好き魔王と行く異世界ツアー、これより出発!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

11
異世界に召喚され魔王として魔界を立て直した青年が観光地へと変貌した魔界に女騎士達を招き始まる物語。―――魔界観光、観光地色々。日本の観光地をベースに作られた魔界の観光地、そして魔王颯馬による完璧なプランニングのツアー。これを面白いと言わずして何を面白いと言えばいいのか。旅の中で心解され颯馬に惹かれていく女騎士達、そして仲間になっていく一同。これぞツアーの醍醐味であり、旅におけるよくある事なのである。テンプレに漏れず戦争を望む教会勢力。だけど魔王颯馬の力があれば何とかなる筈である。 次巻も楽しみである。2016/11/02

サキイカスルメ

9
チョロインの宝庫。人間界と魔界が長い争いをやめ、一応平和になった世界で旅好き魔王颯馬が、人間界の女騎士団の3人を魔界ツアーにご招待するお話。チョロイです、ヒロイン3人が非常にチョロイです。いや、悪い意味ではなく。シリアスな背景がありながらも、ほのぼのとした雰囲気でした。颯馬の懐の深さといいますか、おおらかさのお陰かな。竜なのに人間にプルプル怯えるハイドラが可愛かったです。2016/11/27

ラノベの王女様

7
旅行好きな元日本人にして現魔王である颯馬が、人類と魔族の相互理解を深めるために、三人の女騎士を魔王領へと招待し、旅行を楽しんでもらうことで魔族への偏見を解いてもらう物語。―――この異世界、まるで日本。オーク村では浴衣姿の住人が温泉とマッサージで歓迎し、星降る洞窟では女騎士達が鍾乳洞の壮大さに驚き、ミイラ村では日本酒と発酵食品で酒盛りパーティー。三人の騎士も紅竜のハイドラも、最初は互いを警戒していたものの、旅行を通して打ち解け、かけがえのない友人に。これが旅の醍醐味かしら。次巻も楽しみだわ。2016/10/30

まろさん

5
スローライフ物の女騎士はチョロイw。あらすじからもわかる通り人間と仲良くしたい魔王(召喚された人間)と魔族超怖い!な人間達の誤解を解消する為の魔王自らによる魔界観光ツアー開催。展開は単純明快で人間界の代表で女騎士たるヒロイン3人が魔界の魅力に篭絡されていく物語。序盤は相次ぐ説明と頑ななフレイアの御託が続きテンポが悪く読みにくかったのですが順次堕ちていく女騎士のテンプレを理解するとこれはもう様式美だとすんなり読めました。人間界にてキナ臭い動きもありますがツアーがメイン、悪だくみは毎回徒労のテンプレだと嬉しい2016/11/06

葦附

4
人間と仲良くしたい魔王が対魔族の騎士団を魔界ツアーに招待してもてなすお話。立場からヒロイン勢はわりと魔王に対立してるんだけど、それは最初だけでもうサクッと魔王を信頼するようになる。対立がどうとか人間関係がどうとか、そういうのではなくて魔界ツアー+料理がメインなお話かな。気楽に読めてよかったです。ヒロイン勢ではのじゃロリで臆病なハイドラが好き。あとはイラストもよかったと思います。2017/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11214620

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。