NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上

  • ISBN:9784140056776

ファイル: /

内容説明

「もろうた人がうれしいと言うてくれるような……思いを伝えられるような……そういう“べっぴん”を作る人になりたい」──戦後、焼け野原となった神戸で、すみれは子供服の店を開いた。家を失い、出征した夫の消息も知れない中、仲間とともに一針一針前に進んでいく。連続テレビ小説『べっぴんさん』のドラマ前半を完全ノベライズ。

*本書は、連続テレビ小説「べっぴんさん」第一週~第十一週の放送台本をもとに小説化したものです。番組と内容・章題が異なることがあります。ご了承ください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

igaiga

22
ドラマ全くみてないので面白く読みました。っていうか上巻なのかーー。下巻もあるってこと?手のかかる子供はみんなで手をかけて育てればいいといった喜代さんの言葉は超ステキだと思った。2016/12/23

すぅさん

4
朝ドラは見ていないけどfamiliarの創設者の話と聞いて気になっていた所、本屋で遭遇。あーfamiliarでお腹の子にベビー服買いたくなってきた!!買う物がほとんどない末っ子に1枚くらい上質な物を買おうかな。下巻も楽しみです。2017/03/23

Coco

2
女性の一生を描くドラマ。20代、40代、60代、、、と歳を重ねていく中で、時代が変わり、子や孫に世代が引き継がれていく。その子や孫が生きる未来を作っていくのは私達で、何を残すことができるだろうと考える。自分の子どもは、未来に繋がる私の残せるものの一つかもしれない。物作りの楽しさや喜び、絵を描く楽しさ、自然の美しさ、音楽の美しさや楽しさ、自分の生活を自分で作る大変さと楽しさ、、ワクワクすることを伝えていきたい。2020/12/28

Coco

1
朝ドラを見た。前半が良かった。戦前戦後を強く生きる女性の姿に勇気をもらう。心に残る言葉たち。○ 上手に作る言うことより、誰がどんな思いを込めて作るのか、それが一番大事なんです。○ 働くしかない。自分の手で仕事して自分の足で生きるんや。○ 何もせえへんかったら何も見つからへん。○ どんなに辛い思いをしても笑顔に変える力をくれる人が、前に進む力となってくれる人が、勇気をくれる人たちがいる、それが人生の宝。○ 自分が一番自分らしくいられる場所で輝いている姿を子どもに見せてくれ。2020/12/28

ihatov1001

1
敗戦後物のない時代に、女4人で子供服の店を立ち上げるサクセスストーリ。男性社会の常識にとらわれない柔軟な思考で問題を打開して店は少しづつ軌道に乗ってゆきます。初め彼女たちの商売を懐疑的な目で見ていた彼女たちの夫、そしてその他周りの男たちは、彼女たちの成功を見るたびに少しずつ感化され、最後は応援するようになるまで考えを変えられてしまいます。その変化は一種痛快であります。朝ドラも観ていましたが、こちらの小説版のほうがより楽しめました。下巻も楽しみです。2019/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11171795

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす