岩波新書<br> 不可能性の時代

個数:1
紙書籍版価格 ¥928
  • Kinoppy
  • Reader

岩波新書
不可能性の時代

  • 著者名:大澤真幸
  • 価格 ¥928(本体¥860)
  • 岩波書店(2016/10発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「現実から逃避」するのではなく,むしろ「現実へと逃避」する者たち──.彼らはいったい何を求めているのか.戦後の「理想の時代」から,70年代以降の「虚構の時代」を経て,95年を境に迎えた特異な時代を,戦後精神史の中に位置づけ,現代社会における普遍的な連帯の可能性を理論的に探る.大澤社会学・最新の地平.

目次

目  次
   序 「現実」への逃避

 Ⅰ 理想の時代
  1 敗戦という断絶=連続
  2 理想の時代
  3 死者の来訪

 Ⅱ 虚構の時代
  1 二つの少年犯罪
  2 虚構の時代
  3 理想から虚構へ、そしてさらに……

 Ⅲ オタクという謎
  1 オタクという現象
  2 アイロニカルな没入
  3 社会性と非社会性

 Ⅳ リスク社会再論
  1 二つの「下流」
  2 リスク社会とは何か
  3 自由は萎える

 Ⅴ 不可能性の時代
  1 不可能性の時代
  2 家族の排除
  3 反復というモチーフ

 Ⅵ 政治的思想空間の現在
  1 「物語る権利」と「真理への執着」
  2 信仰の外部委託
  3 〈破局〉の排除
  4 羞恥心をめぐって
  5 無神論への突破
   結 拡がり行く民主主義
   あとがき
   主要参考文献
   注