扶桑社BOOKS<br> 死んだ後には続きがあるのかー臨死体験と意識の科学最前線-

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

扶桑社BOOKS
死んだ後には続きがあるのかー臨死体験と意識の科学最前線-

  • 著者名:エリコ・ロウ
  • 価格 ¥1,188(本体¥1,100)
  • 扶桑社(2016/09発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

人生の意味と宇宙の謎がわかる、臨死体験の教え。

1970年以降、欧米を中心に数千例を超す“臨死体験報告が!
一流の医師たちと科学者たちが、人間の脳と魂と“あの世”を徹底検証。
そして、その行きついた答えとは。
生きているうちに学ぶ、死んでからわかること

【内容】
死後の世界から現実を見た視覚障害者の臨死体験/自分の未来に起こる悲劇を知らされた医師/落雷で臨死体験後、作曲の「天才」になった医師/バチカンが認めた少年の臨死体験/天国の存在をめぐりホーキング博士と対決した臨死体験少年/死の瞬間から生き返るまで、臨死体験の過程/臨死体験は、脳の刺激で誘発できるのか/死後の世界や天国のビジョンは、脳の錯覚なのか/死者を呼び出すムーディ博士の鏡の部屋/アリゾナ大学で進む、死んだ研究者との共同研究/バージニア大学には輪廻転生の実例のコレクションがある/日本で進む、生まれる前の記憶をもつ子どもたちの研究/生命エネルギー不滅の法則は、科学の常識になるのか/臨死体験の謎にはアインシュタインも注目していた/脳は情報を演算して意識にする量子コンピュータ/臨死体験は意識が宇宙に拡散する過程/ゼロ・ポイント・フィールドへの旅/光のトンネルは、宇宙のワームホール/『チベット死者の書』は、臨死体験の記録なのか/臨死体験は人に深遠な心境の変化をもたらす ……など