田渕ひさ子の成る鳴る音日記 ギター・マガジン・アーカイブ・シリーズ1

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

田渕ひさ子の成る鳴る音日記 ギター・マガジン・アーカイブ・シリーズ1

  • 著者名:田渕ひさ子【著】
  • 価格 ¥815(本体¥741)
  • リットーミュージック(2016/09発売)
  • もうすぐ師走!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

*本電子書籍は、田渕ひさ子のエッセイ集第2弾『田渕ひさ子の成るなら鳴らねば』の発売に合わせ、2016年に発売された第1弾『田渕ひさ子の成る鳴る音日記』の表紙をリニューアルしたものです。表紙以外の内容はリニューアル前と同じです。あらかじめご了承ください。

ナンバーガール時代の出来事をえがいた人気連載が電子書籍に!

NUMBER GIRL、toddle、bloodthirsty butchersなど、日本を代表するギター・ロック・バンドを牽引してきたギタリスト、田渕ひさ子。フェンダー・ジャズマスターを激しく掻き鳴らす彼女のプレイ・スタイルに多大な影響を受けたギタリストはたくさんいます。そんな田渕がギター・マガジン誌の2000年12月号から2002年11月号まで、24回にわたって連載していたエッセイを電子書籍化したのが本書。NUMBER GIRLのレコーディングの模様から、ツアーで泊まったホテルでの恐怖心霊体験、小学生の頃の骨折にいたるまで、自身のイラストを添えて楽しくつづっています。時に福岡の方言も交えた、人なつっこい独特の文体によって、連載当時の田渕に寄り添ってもらいながら読んでいるような感覚をおぼえるかも。多くの人に楽しんでもらえるエッセイです。ぜひどうぞ!