なぜ人類のIQは上がり続けているのか? - 人種、性別、老化と知能指数

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

なぜ人類のIQは上がり続けているのか? - 人種、性別、老化と知能指数

  • 著者名:ジェームズ・R・フリン/水田賢政/斎藤環
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 太田出版(2016/09発売)
  • シルバーウィークの4連休 Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/22)
  • ポイント 500pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

20世紀を通じて人間の知能指数<IQ>は上昇を続けている――
「フリン効果」の発見者が語る、現代人の知能の真実。
現代人の知能は向上しているのか?
東アジア人のIQはなぜ高いのか?
女子大生より男子大生のIQが高いのはなぜか?
老化によって衰えやすい知的能力とはなにか?
◆20世紀初頭からの100年間にわたって、知能指数――いわゆる「IQ」の平均値は大幅に上昇し続けている。
先進国を中心に世界中で見られるこの現象は、発見者の名をとって「フリン効果」と呼ばれる。
この現象は、現代人の頭がよくなったことを意味するのか。20世紀に起きた人間の社会や心理の変化とどうかかわっているのか。
「フリン効果」の発見者である著者が豊富なデータを用い、人間の知能のどの部分が、なぜ向上したのかを考察していく。
◆斎藤環「解説 私たちの「知性」は向上したか?」を収録。