COLORS

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

COLORS

  • ISBN:9784062201568

ファイル: /

内容説明

北崎は苦悩していた。イラストの仕事を始めてから六年。子供の頃から好きで描いていた絵だったが、いまは日々の生活のために、クライアントの要求に応えている。血のにじむような努力の後に完成したイラストでも、勝手に配色を変えられる。カバーを描いた本がどれだけ売れても、金銭的には還元されない。ある日、不思議な女性の夢を見てから目が覚めると――視界から「C」、すなわち「シアン」、青と緑を含んだ色が消えていた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう

34
図書館本。イラストレーターのカスヤナガトさんの作家処女作でいいのかな?自分の見ている景色からどんどん色が消えていくイラストレーター北崎の物語。普通に生活していても視覚って大事なものなのに、イラストレーターがどんどん色をなくすって想像出来ないくらいつらいんだろうな。そこからの北崎の浮上。物語というよりも色や見えているものがどんなものなのか、そんなカスヤさんの独特な表現を楽しんだ感じだった。先生と師匠がいい味だしてた。元カノも。愛猫のキキが癒しだなぁ。2016/09/19

はな

26
少しずつ、世界から色が消えていく… イラストレーターの主人公は、色彩を取り戻すために行動を起すが… 本職ならではの目線で書かれた文章は、色を連想することができますね。飼い猫の存在感もなかなか。絵を書くお仕事はなかなか大変そうだなぁと。カスヤナガトさんの今後に期待。2016/09/15

宇宙猫

18
ぐちぐちと暗い愚痴ばっかりで1章で挫折。一応、パラパラとつまんで読んでみたけどあわなかった。イラストは素敵。2016/09/23

せら

17
友達と買いにいきました!栞もゲット!!イラストレーターの北崎が主人公。仕事をする上で無くてはならないものを失う。考えただけで辛かったです。イラストレーターという仕事で知らないことがたくさんあって驚くところもありました。北崎の愛猫キキがとてもいい子だった。うち猫と交換してほしいです(笑)2016/08/02

lollipop

12
イラストレーターのカスヤさんの処女作品。Twitterのつぶやきがとても素敵なので、作家デビューと聞いて小躍りしてしまいました(ちょっと盛ってるw)北崎は、色を失ってから、元カノに車を借りてあてのない旅をするのですが、そこで知り合った老人がいい味だしている!元カノも車のチョイスが最高!今の時代フェンダーミラーやカセットデッキの車なんて好き好んで乗るでしょうか!?失った色彩をとり戻した時は、ヘレンケラーのウオーター並みの感動だった事でしょうね。(栞はブルーでした)(続く)2016/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11085792

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。