山と溪谷社<br> ヤマケイ新書 日本百霊山

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
ヤマケイ新書 日本百霊山

  • 著者名:とよだ時
  • 価格 ¥774(本体¥704)
  • 山と溪谷社(2016/08発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784635510387

ファイル: /

内容説明

神話や伝説を訪ね、山と人との関わりを探る高峰から里山まで、日本全国の百山を興味深いエピソードで紹介。

古来、霊山として名高い山、人々に親しまれてきた山、興味深いエピソードを持つ霊山を百座選定、山の楽しみ方のテーマとしてご提案。
日本の山は、古来、信仰とは切り離すことのできない歴史を持つ。なかでも霊山として名高い山、人々に親しまれてきた山、興味深いエピソードを持つ山を、身近な低山から憧れの山まで、日本全国から百座選定。

山旅をより豊かに楽しむためのテーマを提案した新書。
50年来、山の伝承や信仰をテーマにしたユーモラスなイラストで知られるとよだ時さんが、現在957回になる「ひとり画通信」制作のために調査した歴史・信仰の資料を駆使、各山の概略、特色・エピソード、見所案内を紹介している密度の濃い内容。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

66
日本全国には伝承や民話を内包した山が数多くある。本書はそんな中から百の山を選び出し紹介した一冊。富士山、立山や白山に日光、箱根といった有名どころから、主に関東地方のマイナーな山まで、開山伝承から神話までを紹介しているのは面白い。ただ紹介されている山の大部分が関東、甲信越に偏っているため、その地方に暗い自分のような人間にとっては面白さが半減しているように感じる。大部分が聞いた事の無いような山だったし。『日本百名山』の方は全国満遍なく採られているから余計にそう思うのかな。関東地方の人は楽しめる本だと思います。2020/08/10

32
山と神話について知りたかったので、手に取った本。欲しかった情報はあまりなかったけど、少し「いいな」と思える神話があったのが良かった。読み込むのは今の私には負担だったので、流し読みだった。読み込める時がくるといいな。2019/01/05

北白川にゃんこ

4
霊山だって百あるぜ!日本はかなり広いからな!鬼や天狗の伝説がいっぱいあって嬉しい。一度何処かに登りたいね。2020/01/29

犬丸#9

1
★★★☆☆ 山岳信仰について切り込んだ本だと思って買ったんだが,神話や伝承から諸々の山について語った本で,思ってたのと全然違う!ってなった。タイトルは変えた方がいい気がする。とはいえ,古来からのこの国の人々と山との様々な関わりに触れることができたのはよかったかな。2019/05/28

長岡崇

0
某深田氏よりも好印象な文体。雷獣と似た性質を持つ雷鳥という現在のライチョウとは別種の鳥が存在していたことが興味深い。各所に明治の廃仏毀釈、神仏分離が散見される。明治政府はなんてことをしてくれたんだ。2017/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11068338

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。