「つらいな」と思ったとき読む本

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

「つらいな」と思ったとき読む本

  • 著者名:中谷彰宏【著者】
  • 価格 ¥699(本体¥648)
  • あさ出版(2016/08発売)
  • 中秋の名月に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/24)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

僕は相談を受ける仕事をしています。
相談に来る人の問題を、なんとか解決してあげたいと思っています。
凹んでもすぐに立ち直れる人の相談と、立ち直れない人の相談は、同じようで全然違います。

立ち直れる人の相談は、聞いていて「もう大丈夫だな」と感じますが、
立ち直れない人は「僕の話を聞いたあと、
また別の人のところに相談しに行ってしまうな」と感じるのです。

それでは問題は、いつまでも解決しません。立ち直ることもできません。
いつまでも悩んでしまう人が立ち直るためにはどうしたらいいか、その方法をこの本に詰めました。

●「トラブルやアクシデントが増えるときが、ターニングポイント」

●「チャンスの前には、必ずつらいことが起こる」

●「落ち込むのは、成長の前兆」


■目次
凹みから抜け出すための58 の具体例

1 アクシデントに、感謝しよう。
2 選択肢の中から、ネガティブなものを外そう。
3 グチを言うことで、ごまかさない。
4 慰めより、解決策を聞きに行こう。


58 叱ってもらうために、努力しよう。

◆著者 中谷彰宏(なかたに・あきひろ)