ダッシュエックス文庫DIGITAL<br> 嫌われ家庭教師のチート魔術講座 魔術師のディプロマ

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ダッシュエックス文庫DIGITAL
嫌われ家庭教師のチート魔術講座 魔術師のディプロマ

  • 著者名:延野正行【著者】/甘味みきひろ【イラスト】
  • 価格 ¥611(本体¥556)
  • 集英社(2016/08発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784086311267

ファイル: /

内容説明

嘗(な)められたままで終わらせない。 《魔術殺し》と忌み嫌われるほど最強(チート)の家系・鍵宮(かぎみや)に生まれたカルマは、以前は魔術師のエリート部隊にいたものの、過去の任務中に起きた事故がきっかけで今は気ままなニート生活を謳歌(おうか)している。 そんなある日、元上司の強引な頼みにより、かつての名門である天応地(てんおうじ)家のツンデレ長女・綺譚(きたん)の家庭教師(チューター)をすることに!? 魔術の訓練を受けたことがない彼女が次の魔術師認定試験にパスしないと、没落の一途を辿る天応地家は解体されてしまう。 一見やる気のなさそうなカルマが綺譚の本気を感じたとき、破天荒な魔術講座が幕を開ける――! 最凶に嫌われ者で最強にチートな魔術師が繰り広げる爽快バトルファンタジー!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

7
気ままなニートの魔術師の青年が没落した名家の少女に出会い始まる物語。―――どんなに辛くても、どんなに困難でも突き進め。うん、素直に面白い。状況と取り巻く人間はほぼ最低に近い中で最悪と蔑まれる二人が状況をひっくり返すべく戦いを始める。その戦いは優雅ではなく華麗でもないかもしれない。だが確かに勝つ為の魔術がそこにあり、教えを受けた少女は自らの力に目覚め、青年は教え子を狙う敵を自らの禁忌ともいえる出来損ないな力で打ち倒す。教官ものの芯を捉えている作品であり好きな方にはお勧めできる。 次巻も楽しみである。2016/07/26

HANA

6
チートな能力を持つ主人公とかつての名門である家の3姉妹の話。姉妹のキャラクターはよくあるような感じではあったけれど、意外性がない分それだけ読みやすかった。主人公がチート能力を持っていたとしても努力タイプだったのが良い。2016/09/05

nawade

6
★★★☆☆ 地に落ちたかつての名門の長女・綺譚の家庭教師をすることになった嫌われ者の魔術師殺しと呼ばれるカルマの大逆転爽快バトルファンタジー。所謂、教導モノで「空戦魔導士候補生の教官」が好きな方なら楽しめるだろう。あとがきで”どんなにボコボコにされても健気に立ち上がってくる一生懸命な女の子って好きですか?”って書いてあったので期待してしまったが、ツンデレヒロインでこれを描くのって難しいよね。教師に対して反抗しまくるので、上手く描かないと一生懸命に見えなくて第一段階で躓いてしまう。嫁ちゃんが可愛かったです。2016/07/24

尚侍

5
面白かった。良くも悪くも教科書的というかテンプレ的な内容でしたが、そういう内容だからこそ読ませるのは逆に難しくなるので、あえてそうしたジャンルに挑戦した作者の姿勢を評価したいですね。個人的にはややキャラが多いかなという印象でしたが、シリーズ化が前提であればヒロインが三姉妹でも過不足はないので、そのあたりがどう調整されたのかはわかりませんが、続きが出るのであれば今回はあまり活躍できなかったキャラに光が当たることに期待したいです。2016/07/31

彼方

2
周囲からの評判は悪いけども昔実績がある普段だらしない系主人公が家庭教師になるという近年の教官もののテンプレのようなお話。物語の流れはわかりやすくまあ良かったんですが世界観や設定説明、キャラクターの背景や心情など色々ちょっと雑に感じましたね…最後の信頼しあっていくシーンも見るともう少しイベントほしかったですし(先生らしい有益さをもう少し見せてほしかった…)あと敵やモブがほぼほぼ屑しかいないのもマイナス点。三姉妹や主人公の境遇は中々良いのですけど粗が目立って素直に楽しめなかったかな…次巻は評判次第で考えます。2016/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11059495

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。