離婚とお金 どうなる?住宅ローン!

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

離婚とお金 どうなる?住宅ローン!

  • 著者名:高橋愛子【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • プレジデント社(2016/08発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784833451000

ファイル: /

内容説明

離婚のとき、家の名義を夫単独に書き換えた。
それと同時に妻の、住宅ローンの連帯保証ははずれた。

イエスかノーか?

【答え】ノーなんです!

離婚したのにどうして!?
元妻・元夫がはまり込む、思ってもみない落とし穴
――それが、「離婚による破産」問題なのです。

【著者紹介】
高橋 愛子(たかはし・あいこ)
1979年東京都生まれ。大学卒業後、町の不動産会社に就職し、店長として5年間、賃貸管理業、賃貸仲介業を経験する。
2007年、28歳で任意売却専門の不動産コンサルタント会社を設立し独立。きっかけは、就職した不動産会社で出会ったある顧客の競売問題だった。
この一件に関わったことで初めて「任意売却」の存在を知り、その方法と意義に深く共感。「住宅ローンの支払いに苦しむ人たちを助けたい」という信念のもと、任意売却の専門家になることを決める。
著書に『老後破産で住む家がなくなる!あなたは大丈夫?』(日光企画)、『「住宅ローンが払えない!」と思ったら読む本』(PHP研究所)、『任意売却ってご存知ですか?』(ファーストプレス)。講演、メディア出演も多数。

【目次】
第1章◆離婚で確実に炎上。 「家」にまつわる7つのこと
離婚が破産につながる!原因のほとんどは住宅ローン。
養育費とは話が違う!破産のリスクが一気に高まるローン残債問題。
離婚して初めて知る「自分は連帯保証人だった!」……
第2章◆「離婚」と「家」で破産しないために! 実例から学ぶプロのテクニック20
離婚に際して、親の出してくれた頭金を取り戻したい。
家に妻が居座って売却できない。「感情」と「理性」、どっちを取るべきか?
ローンを滞納したまま名義人である夫が失踪!自宅は競売、このまま母の家も?
前妻にローンと養育費の支払いを継続し、いまの妻との住宅ローンが組めない。……
第3章◆「納得の離婚」のために知っておきたい、手続き、お金、相談のこと /ほか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

morinokazedayori

13
★★★★住宅ローンを組むとき離婚を想定する人は少ないが、離婚の時に不動産の問題は大きくのしかかってくる。様々な事例と解決方法が書かれていて、とても参考になった。2020/02/16

邑尾端子

5
離婚の際に問題となる住宅ローンの残債について、様々な事例をもとに対処法を説く一冊。この問題に特化した離婚の本はほかに類がないため貴重。離婚を考えている人はもちろんだが、これからローン組んで家やマンションを買おうとしている若い夫婦こそ、一読したほうがいいかもしれない。2020/01/30

tamashi

1
とっても野心的な書物だと思います。離婚についての本や不動産・住宅ローンの本は数多くありますが、離婚と住宅ローンを関連付けた本はあまり見たことがありません。内容はどこまでも重たいですが、どこまでも前向きで未来志向です。本当に誰かを救える書物かもしれませんね。2016/11/15

Yomeko

0
帯に「感情と理性どっちを選ぶ」とあるように、正に感情的にならざるを得ない、離婚とお金の問題で、いかに客観的に最善策を探さなければならないかが見てとれる。 最初に概要を説明してから、ケースの具体的な事例とその結末が記載されている。自宅競売や差し押さえなどの難しいケースもあったが、案外交渉で待ってもらうことも可能など、知らなかった部分もあった。中には、自分が損してでも、(負債を抱えても)相手を困らせたいなどというのもあり、拗れた関係で大きなお金を扱うのは恐ろしいと感じた。2020/02/20

ぺーはーせぶん

0
大変貴重な1冊。 離婚における不動産問題を総括する書。リアリティのカタマリ。 大変勉強になった。離婚後の不動産譲渡に贈与税が発生しうること、連帯債務者と連帯保証人の違い、オーバーローン時の売却困難性と任意売却と投売りの競売、任意売却と自己破産。。等々。 著者、追いたい。2019/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11176438

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。