逆光の女

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

逆光の女

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 講談社(2016/08発売)
  • 【Kinoppy】講談社書籍ほぼ全点ポイント増量キャンペーン(~2/3),もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 250pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062732468

ファイル: /

内容説明

ワイルドターキーの香る横浜の小さな酒場で重なり合った男と女の人生。慈しみ、惜しみなく奪い合う愛。そして訪れた別離。ひととき心から愛した雅子が殺された。マセラッティを駆り、凶暴なまでに真相を追い詰める風泰生。血肉を注ぐ情念。決して譲ることの出来ない男の美学。これぞハードボイルドの神髄!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツカモトカネユキ

2
挑戦シリーズとブラディシリーズの合間の作品。主人公は、著者っぽい作家。周りを取り巻く感じも同時代の作品に似通ったものがあります。現在では考えられないような無頼派の作家が捨てた女のあとを追いながら、自分探しをします。明確な結論が出るわけでなく、気になって追っかけて、その結果、いろいろなことに巻き込まれて記憶が薄らぐような感じです。同時進行していた作品が、なかなか印象が強いので少し軽やかで非合法感も薄いです。箸休めによいかもしれません。2019/01/26

ともかほ

2
十代半ばによく読んでいた北方謙三を久しぶりに。主人公は今の自分より年下。十代の頃は遠い先の事と思っていたが…。いたるところに感じられる北方謙三の考え方が懐かしい。2015/02/05

がんちゃん

2
久しぶりに北方謙三。ハードボイルド。ちょっとやり過ぎ、と少し引いちゃうところもありつつ、最近女性っぽい小説が多かったので違う感じでした。マセラッティ、格好いいですねー。女性が読んでも面白くないかも。2013/03/09

Yoshio Yamada

1
北方さんの小説、というよりは北方さんそのものみたいな感じがしました。オムニバスのような感じもありつつ、でも流れは1本に繋がってる。面白かったです。2014/01/08

tai65

0
星3つ2011/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/73026

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。