講談社文庫<br> 刑事の約束

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
刑事の約束

  • 著者名:薬丸岳【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 講談社(2016/08発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062934442

ファイル: /

内容説明

植物状態の娘を持つ刑事・夏目信人(なつめのぶひと)。夏目は5つの事件に対し、誰も気づけない手がかりから鮮やかに謎を解いていく。抜き差しならない状況に追い込まれた事件関係者たちの心を見つめる夏目が、最後にした“約束”とは。無類の題材、怒濤の展開、衝撃の結末。いまも近くで起きているかもしれない事件を取り上げ、圧巻の筆致で畳み掛ける、乱歩賞作家・薬丸岳の真骨頂! あなたは五度驚き、五度涙する!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobby

179
シリーズ第3弾。やはり夏目刑事の活躍は短編の方が似合う。そのものぐささが、人が見逃しがちな気付きをより引き立たせる。各話最後の最後に明確になる一捻りがいいが、その真実は胸苦しく刹那は極まる…ケアマネという仕事柄「終の住処」はまさに自身と重ねながら読んだのが印象的。認知症の母といえども子を想う気持ちに思わず納得。何と言っても第1弾収録「オムライス」続編な「刑事の約束」が重過ぎる…一見明るい兆しと思える娘の今後も含め、どれだけ重荷を背負い続けていってしまうのか…2016/09/01

おしゃべりメガネ

159
夏目さんシリーズ第3弾です。『刑事のまなざし』で既にかなり重厚な人間ドラマにミステリーをしっかりからめた素晴らしい作品を送り出してきていましたが、本作もまったくひけをとらない素晴らしい短編集です。今作も相変わらずハッピーな結末は少ないですが、それはそれで深い人間ドラマを堪能できるありがたみが十分に伝わります。特に『まなざし』で収録されていた「オムライス」のその後がえががかれており、かなり強い衝撃を受けました。単純に事件だけを解決するワケではなく、関わった人々のココロの闇も解決する夏目刑事に感服しました。2018/02/28

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

151
やっぱり"夏目さんのまなざし"には圧巻でした。いかにもな警察小説は苦手ですから、どうしても「夏目さんシリーズ」ばっかり読み漁りました。印象的だったものは「終の住処」でした。まさか"老害お婆ちゃん"だと思いきや、ビックリしました。涙腺が脆いせいか、あという間に泣きじゃくってしまいました。「刑事の約束」にはあの裕馬くんでした。復讐したい気持ちは分かりますが、あのような憎悪の絆は悲しくなりました。トラウマあるから、きっと誰かを愛せるだろうし…。そして、絵美ちゃんにはねぇ。とにもかくにも、ひたすら感動しました。2016/10/29

hit4papa

150
『刑事のまなざし』、『その鏡は嘘をつく』に続く、刑事 夏目信人シリーズの第三弾。これまでの登場人物たちが顔を出す、ファンには嬉しい短編集です。本作品集では、親子の愛をテーマにした内容が多いのですが、そこは薬丸岳、捻りが効いています。犯罪加害者への復讐を企てる「不惑」は、被害者周辺の呪縛という問題提起と受け止めました。『刑事のまなざし』の問題作「オムライス」の後日談であるタイトル作「刑事の約束」は、さらに重い内容となっています。最終話で夏目には嬉しい報がもたらされます。今後の展開に期待がたかまります。2020/01/13

yu

137
Kindleにて読了。 夏目さんシリーズ。娘を襲った犯人を逮捕した後の夏目さん。このまま刑事を続けるべきか悩んでいる。最後の表題作が一番響いた。決してハッピーエンドではないけれど、その後のそれぞれの人生がどうなるのか。物語の中なのに、見届けたくなる。このシリーズは毎回読み応えがズッシリとくる。2018/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11059438

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。