悠悠おもちゃライフ

個数:1
紙書籍版価格 ¥827
  • Kinoppy
  • Reader

悠悠おもちゃライフ

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥827(本体¥752)
  • 講談社(2016/08発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062757973

ファイル: /

内容説明

趣味には理解者が必要だが、理解者に振り回されてはいけない。なぜなら趣味は、あくまでも個人的で我儘なものだからだ。この本は、啓蒙本でも入門書でもない。飛行機模型や庭園鉄道をはじめ、多くの楽しみを知る著者が、韜晦(とうかい)も含めて記す優雅な趣味の日常と思考。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いずむ

23
あるべき形、向くべき方向、いるべき範囲。"らしさ"とか"ジャンル"とか、あるいは他人の価値観とか。そんな"不自由"を享受することで得られるものって何だろう。森センセの言葉を借りるならば、『趣味≒研究』。目隠しや足枷をしていては、辿り着けるのはスケールの小さい世界だけ。しかし、そこに正誤優劣の議論が生じ得ないからこそ、どうせ身を置くならボクは柵や手綱のない、どこまでも行ける世界がいいと思う。ボクにとって趣味とは「自分という世界で、唯一無秩序を許された世界」。『こだわらないことにこだわ』りたいと、ボクも思う。2013/10/21

めり

17
森博嗣の趣味って凄い。読んでて楽しそうなのが伝わってくる。そしてエッセイでもぶれないところ、大好きです。「楽しそうなことをしているときの姿は、遠目に見ていても楽しいものだ。自分の好きなことをしていると、誰でも自然に笑顔になる。みんながこの笑顔になれることが、すなわち家族の和ではないだろうか。無理に、全員で同じ行動をとる必要なんて全然ない。その点に早く気づいてほしい。」2017/11/18

akira

16
Vシリーズ幕間。 正直、小説よりエッセイの方が好きかも。 全編カラーで写真が楽しい。読むというより眺める本。 森作品は、その雰囲気から飛行機などは淡目の色のものを想像するが、実際に森家にあるのは鮮色でベタ塗りのものが多い。その方が好きらしい。 写真中心の本だが、文章はやはり森博嗣。何気ない一言にも深みがある。 「子供には、最初から一流のものを与えるべきであって、子供向けに簡略化され、毒が抜かれ、棘が取り除かれたおもちゃは、その一時だけ子供の目を引いても、彼らの人生には影響を与えない。」 2013/04/16

Yuri

10
タイトル通り、悠悠なおもちゃに囲まれた生活の一端を垣間見る。お洒落な写真とエッセイ。 他作品のエッセイでガレージや庭園鉄道の建設過程を読んでいたので、写真で補完出来た感じです。2020/08/01

エヌ氏の部屋でノックの音が・・・

9
「ひっそりと森シリーズ」第33弾であった。。。2007年 7月13日 初版。。。割とおもちゃ好きなのは聞いていたが、一番うらやましいのは庭園鉄道であった。私しも庭園鉄道で『シロクニ』や『デゴイチ』など日本の列車を走らせて見たいと思っているが、到底現実には及ばない。2018/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563233

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。