サイエンス・アイ新書<br> 巨大高層建築の謎 古代から現代まで技術の粋を集めた建造物のおもしろさ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,047
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

サイエンス・アイ新書
巨大高層建築の謎 古代から現代まで技術の粋を集めた建造物のおもしろさ

  • 著者名:高橋俊介【著】
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • SBクリエイティブ(2016/07発売)
  • 寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/17)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

法律を改正してまで建築した霞ヶ関ビルから40年。日本の巨大高層建設がここから始まりました。
柔構造の解析設計を使い、大型H型鋼やスリット壁を採用したりと、いまでは当たり前になっている多くの技術が、霞ヶ関ビルの開発時に生まれています。
セルフクライミング方式のタワークレーンも、安全な避難階段や防災センターでの集中管理方式も、ここからでした。
また、世界一の明石海峡大橋から10年。東京タワーは自立式鉄塔として世界一。新東京タワーは、当然この記録を塗り替えます。
ところがドバイには800m級の世界一となるビルが建造中です。世界に名だたる巨大高層建築物には、ケタ違いの知恵と技術と資金が投入されています。
建築に秘められたエピソードからして、おもしろさは常識外れ。
本書は、いくつもの巨大建築プロジェクトに関わった著者が、過去から現代に至る巨大高層建築の謎に迫ります。