NOVEL 0<br> 東京屍街戦線〈トーキョー・デッドライン〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥825
  • Kinoppy
  • Reader

NOVEL 0
東京屍街戦線〈トーキョー・デッドライン〉

  • ISBN:9784042560241

ファイル: /

内容説明

屍人”犯罪を抑止、解決するために設立された警視庁刑事部埋葬係の埋葬官・切牙鷹はかつて“死の行進”に巻き込まれた恋人を探すため、襲い来る“屍人”たちを薙ぎ払い、命を燃やして戦い続ける。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

44
わりとこう、予定調和というか、お約束的なところもあるのだけれど、燃えました。2016/09/12

ソラ

29
面白かった。読み終わってみた感じまだまだ話として先は長そうだし、続刊が出ればぜひ読んでみたい。死者と化した君とかまだわからないことだらけだ。2016/08/12

サケ太

12
3年前の渋谷で起こった“死の行進”。屍人を捕獲、排除を目的とした警視庁捜査一課、埋葬係に所属する埋葬官切牙鷹。アメリカのFBIからやってきたクロード・A・チェイス。女子高生の見習い埋葬官麻倉真夜。係長中城静香。銃を手に、刀を手に、屍人を狩る。想いがある。それぞれの目的を胸に東京を駆ける。破滅を運命付けられながらも戦い続ける男。愛しき存在を殺すため。面白い!2016/07/19

ソラ

7
【再読】2018/03/25

7
2070年、渋谷に突如発生した屍人により一万人が命を落とし……という前提で、2073年の話。物語自体は面白かったが、少々技術革新が生活レベルであまりなされていない印象。もう少し近未来でもよかったように感じた。文章も読みやすいのだが、散見されるジョン・ウー監督の演出的なキメフレーズを読むと面映くなる(笑)。しかしこの話、まだまだ序章。どれだけ続くのか。もうオジサンには大長編を読む気力はないので、5巻以内くらいで決着してくれることを切に希望します!2016/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11041721

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。