夜の童話

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

夜の童話

  • ISBN:9784344819115

ファイル: /

内容説明

貸し猫屋を名乗る少年が、心の奥に忘れていた気持ちを映し出す『夜の童話』、夢のなかに故郷の風景を浮かべる『家路』ほか、『家路』の関連作『バイエルのワルツ』を単行本初収録。8つの物語全てにあたたかく優しい気持ちが溢れる珠玉の作品集!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネムコ

11
童話は、何を持って「童話」なのだろう。子供のための話? 子供が出てくる話? この本は、たぶん子供が読んでもあまり面白くない。読む人のそれまでの経験が話のイメージを広げるように思う。コミックなのに読了に時間がかかってしまった。また、忘れた頃にページを開こうと思う。貸猫屋って、イイな。2015/04/29

えむ

11
とても素敵な短編集。癒された。2010/12/04

更紗

7
一話一話が繊細で、優しい作品集でした。 童話のようなお話で、読んだあとに胸がほっこりと温かくなりました。 柔らかく丁寧な絵や、そっと琴線に触れる物語。 一生大事にとっておきたい作品です。 2013/07/20

まる*

7
初紺野さん、優しくて不思議なお話ばかりでした。眼鏡屋さんの話が好き。全編通して、まさしく“童話”な雰囲気でした。2010/04/11

ユキモリ

6
夢と現実のあわいにあるような温かく優しい話が詰まっている短編集。特に初めに収録されている猫と二人暮らし(?)の老人が見る懐かしい夢がいつか現実と重なるような「家路」と、平和な小国で辛いことや悲しいことから遠ざけられて大切に育てられている小さなお姫様が誕生日に美しい庭をプレゼントされ、そこで子供の園丁に出会うとても切なく温かな「庭」が好き。表題作の猫たちの存在も心に残った。2014/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553456

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。