講談社学術文庫<br> 中央アジア・蒙古旅行記

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,463
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社学術文庫
中央アジア・蒙古旅行記

  • 著者名:カルピニ【著】/ルブルク【著】/護雅夫【訳】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 講談社(2016/07発売)
  • もうすぐクリスマス!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~12/15)
  • ポイント 325pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

13世紀の中頃、ヨーロッパ人が相次いでモンゴリアの奥深く入っていった。教皇インノケンチウス4世の命を受け、あるいはルイ9世の書簡を携えて、「地獄(タルタルス)の住人」の地へと中央アジアの乾燥帯を苦難と危険を道連れに歩みゆく修道士たち。勢力を西へ拡大中のモンゴル帝国で、また本営カラコルムで、彼らは何を見、誰に会い、どんな宗教や風俗に触れたのか。2人の修道士それぞれの見聞記。

目次

はじめに
第一部 プラノ=カルピニのジョン修道士の旅行記──「モンゴル人の歴史」
序 章
第一章 タルタル人の土地、その位置、地勢、気候
第二章 タルタル人の風采、かれらの衣服、かれらの住居・財産・結婚について
第三章 タルタル人の神の礼拝、かれらが罪悪とみなすこと、占いとお祓い、葬儀そのほかについて
第四章 タルタル人の性格、良い点・悪い点、かれらのしきたり、食物そのほかについて
第五章 タルタル人の帝国のおこり、その首長たち、皇帝および諸侯たちの行なった支配
第六章 戦争、タルタル人の戦闘隊形、武器、交戦におけるかれらの狡猾さ、捕虜にたいする残虐さ、防禦施設への襲撃、かれらに降服したものへの背信そのほかについて
第七章 タルタル人の講和のしかた、かれらの征服したくにぐにの名前、その住民にたいして行なう虐政、および、タルタル人に勇敢に抵抗したくにぐに
第八章 タルタル人と如何に戦うべきか、タルタル人の意図、武器と軍隊組織、かれらの戦闘における狡猾さに如何に対処すべきか、宿営と都市との防備、タルタル人の捕虜をどう扱うべきか
第九章 わたしどもの通過したくにぐに、それらの位置、わたしどもが出会い、わたしどもの言葉を裏づけしてくれる人たち、タルタル人の皇帝およびその諸侯たちの宮廷
第一部 訳註
第二部 ルブルクのウィリアム修道士の旅行記
第一章 ガザリアの地区
第二章 タルタル人とその住居
第三章 タルタル人の食物
第四章 タルタル人の、コスモス酒の醸りかた
第五章 タルタル人の食べる動物、その衣服、その狩猟
第六章 男の頭髪の剃りかた、女の身の装いかた
第七章 女たちのつとめ、タルタル人の仕事
第八章 タルタル人の裁判と判決、死と埋葬とについて
第九章 野蛮人のもとへのわたしどもの到着、かれらの忘恩
第一〇章 スカタタイの本営。ここのキリスト信者はコスモス酒を飲まない
第一一章 聖霊降臨の大祝日の前日に、アラン人が一行を訪れる
第一二章 洗礼を受けたいと言ったイスラム教徒、レプラのように見えた人たち
第一三章 一行のなめた苦難、コマン人の墳墓
第一四章 サルタクの領域とその住民
第一五章 サルタクの本営とかれの豪奢さ
第一六章 一行が、サルタクの父、バアトゥのもとへ行くよう命ぜられる-他-