祥伝社新書<br> はじめて読む人のローマ史1200年

個数:1
紙書籍版価格
¥924
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

祥伝社新書
はじめて読む人のローマ史1200年

  • 著者名:本村凌二
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 祥伝社(2016/06発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784396113667

ファイル: /

内容説明

ローマはこれだけのことを教えてくれる!「ローマの歴史のなかには、人類の経験すべてが詰まっている」(丸山眞男)──数ある文明のなかで、起承転結をこれほど完璧に見せた歴史はない。本書は、その1200年間を4つの時代に分け、「なぜ、ローマは大帝国になったのか」など7つのテーマを設けて、歴史の大きな流れとして見ていく。古代の同時代人から近代のイギリス、現代のアメリカまで、多くの国家・民族がローマ史を探究し、統治に活かしてきた。新たな覇権主義の様相を呈する現在の国際情勢。そのなかで、日本および日本人が進むべき道は何か──その答えは、ローマ史のなかにすでに用意されている。

目次

〈ローマ史を理解する7テーマ〉●なぜ、ローマ人は共和政を選んだのか? ●なぜ、ローマ軍は強かったのか? ●なぜ、ローマは大帝国になったのか? ●なぜ、ローマ市民以外に市民権を与えたのか? ●なぜ、皇帝はパンとサーカスを与えたのか? ●なぜ、キリスト教は弾圧されたのか? ●なぜ、ローマは滅亡したのか?