ウィングス・コミックス<br> かんぺきな街

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

ウィングス・コミックス
かんぺきな街

  • 著者名:売野機子【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 新書館(2016/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784403622144

ファイル: /

内容説明

失業中のジョシュは、拾得物収集センターで見かけた答案用紙の束を気まぐれに持ち帰ってしまう。その束を捜す少女・長崎ミカと出逢い、彼女と、彼女の周囲の人たちと関わることで、自分自身が引きずる恋と向き合うことになる……。
表題作に加え、うつ病の夫の代わりに働きに出た妻の日常を描いた読み切り『ねこさがし』を収録した、稀代のストーリーテラー・売野機子、初のウィングス・コミックス!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しましまこ

10
短編「ねこさがし」良かった。タイトル作は私には繊細すぎた。2016/06/06

ささやか@ケチャップマン

8
久しぶりの売野機子。やっぱり彼女らしいな、という感想になる。なんかいいんだよ、なんか。表題の連作もいいが、後ろについた「ねこさがし」の方が好みだった。この人の短編集またでないかな。2016/04/02

なが

5
「MAMA」以外の作品は初めて読みました。やはり面白い。どうしてこんなところから話が始まって、こんなところに着地するんだ。なんというか、ガロっぽくて文学っぽくて、しかしわかりやすい王道っぽくもある。唯一無二の独特の雰囲気。はまりました。2017/02/24

とめこ

5
良かった。売野さんのお話はどこが良いとか具体的にうまく言えないけど、とにかく好き…。短編集かと思ったら表題作の連作と短編1本の構成でした。ちょっと不思議な世界観と寂しげな雰囲気が良かったです。2話の見開きの洗濯物のシーン凄く好きだ。個人的には短編のねこさがしの方が好みだったけど。律子さんかわいい人妻でした。2016/04/20

コリエル

4
いつ読んでもなんだか懐かしいのが売野機子。24年組の魂を感じる。かんぺきな街というタイトルながら、どこか欠けたる人たちの物語。30の男が、半分の年齢の女の子たちから色々と教わる話とも言える。2018/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10357116

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。