電撃文庫<br> 異邦の探求者 ―イストワール・エトランゼ―

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

電撃文庫
異邦の探求者 ―イストワール・エトランゼ―

  • ISBN:9784048659642

ファイル: /

内容説明

『アリス財団』の空間断裂実験失敗により、奇妙な異邦と化していく世界。その謎を調査する機関『黒の協会』所属のエージェント・了次&ルートのコンビは、奇怪な占い師連続誘拐事件が続く「占都」を訪れる。さっそく調査に乗り出す二人だが、ライバル機関『欧科連』所属エージェントで《魔犬》の異名を持つプロフェッサーχ(カイ)の介入や、コルクマンなる怪しい男と対峙し、事件の裏側にあるさらなる謎を知ることに……。「占都」の伝承『稀世(まれよ)の占い師』を巡り、三者三様異なる思惑が交錯していくのだが……。果たして、凸凹コンビが辿り着く真実とは――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

8
主人公と幽霊のような存在である女の子が事件を解決していく話。王道な感じで結構面白かったとは思う。ただ情報量が多くて読むのが大変だった。もう少しコンパクトな話でも良かったのかなとは思うんだけれど。2016/05/30

621

4
ちょっと、あらすじで予想したのと違った。結構好き。――いわゆる幽霊(っぽい)の存在が認識されるようになった世界で起こったトラブルを解決していく物語。――世界観は結構面白そうに思えたんだけど、世界観の味になっている『幽霊』の存在をメインにしたトラブルでなかったのはちょっとどうかなって思った。つまり出し惜しみを感じたわけで……。そこがちょっと期待外れ感はある。けどまぁ、次が出たら読むと思う。2016/05/20

ぱちこ

3
内容はぎっしりだけど読みやすかった2017/01/16

アヒコ

3
王道で面白かった。静かな熱血主人公。2016/05/19

うさぎや

3
SFアクション。主人公コンビにクセがありすぎずなさすぎずで丁度いい感じ。2016/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10994566

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。