新潮新書<br> オキナワ論―在沖縄海兵隊元幹部の告白―

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

新潮新書
オキナワ論―在沖縄海兵隊元幹部の告白―

  • ISBN:9784106106514

ファイル: /

内容説明

「NO」しか言わないオキナワのままでいいのか? 誤解だらけの基地問題、政権交代とトモダチ作戦の裏側、偏向するメディア――政治的思惑と感情論ばかりが支配する空気に抗い、事実に基づいて日・米・沖のあるべき姿を探究し続けた二十年。歴史研究者として、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実を解き明かす。沖縄も政府も米軍も、傾聴すべき直言が満載の刺激的論考。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おかむら

35
沖縄の基地問題、米軍側はどう思ってるのか読んでみた。著者は海兵隊元幹部となってましたが、軍人ではなくて歴史学者だそう。普天間と辺野古の違いとかなるほどと思うところもあるけど、沖縄県民が地元紙と教育で左に洗脳されてるというくだりはホントにそうなの? 他の本も読んでみないと。あと海兵隊がほかの3軍と比べて荒くれ者っぽいイメージなのはなんでかな? それも他の本を読んでみないと。沖縄は行ったことないけど三沢は数年前行った。周辺すごく寂れてたー。こういう基地格差もちょっと気になります。2017/05/23

姉勤

25
極超の性善説。あえて本邦の「リベラル」を表現するなら、こうか。リベラリストたる我に一切の瑕疵はなく、我に違を唱える暴論に耳を傾ける事、まかりならん。特に沖縄に関する論調は、彼らの忌む「大本営発表」に酷似している。その暴論を開示した事により海兵隊文官を解雇された著者の、沖縄を取り巻く「状況」の分析。ヤマトンチュの見ざる、聞かざる、言わざるの、善意の「逃げ」が、琉球人独立という美名に隠れた「孤立」に手を貸している。識れ、聴け、語れ。それがリベラルであろう。2016/08/06

ご飯ライス@へんじがないただのしかばねのようだ

16
米軍の政治顧問として活躍したアメリカ人歴史学者が書いた一般向けの読み物、であって、「在沖縄海兵隊元幹部の告白」というのも不適切だし、「オキナワ論」というほど「論」じてもいない。とはいえ内容が充実していないわけでは決してなく、米軍側の問題など、内部にいた著者ならではの指摘や、まったく初耳だった勝連沖埋め立て案など、興味深い記述も多かった。 原理原則を持って理性的に粘り強く議論し行動する、アメリカ的というか、西洋的というか、日本にはいないタイプの著者の知性のあり方にも、感銘を受けた。2016/03/26

kishi

14
非常に興味深くて面白かったのですが、沖縄県民の(沖縄メディアの、かもしれませんが)被害者意識の淵源がどこにあって、どう膨らんできたのかについて解説が欲しかったと思います。別の著書に書いてあるのだろうか?2017/03/20

skunk_c

13
独りよがりと傲慢に尽きる。日米と沖縄に通じた歴史学者を自称(実際日本の大学で教えていた)しており、一次史料に当たった研究を矜持としている(どこかで読んだ台詞だが)そうだが、現在の沖縄の「反基地」(これについて著者の語ることの中には首肯できる部分もある)のルーツのひとつである、アメリカ施政権下の基地拡張と反対運動について全く言及がない(知らない訳はないと思う)。都合の悪いことは隠すのか。そして自分の主張に反するものを「左翼」「革新」のレッテルで切る(しかし翁長現知事が「革新」とは!)。騙されてはいけない。2016/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10132757

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。