おふろどうぞ

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

おふろどうぞ

  • 著者名:渡辺ペコ
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 太田出版(2016/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784778322724

ファイル: /

内容説明

心も体も裸になれば、ちがう明日が見えてくる――
渡辺ペコが紡ぐ湯けむりオムニバス、全7編。
“おとうさん”の体に別れを告げる前に、息子と入る最後のおふろ。
妙齢女性の叶うことのなかった温泉旅行。
姉妹の入浴のせつない記憶。
かつての恋人と逢引する母、それを追う娘カップルが過ごすラブホ風呂。
働く男が仕事を抜け出し逃げ込むスーパー銭湯。
豪華描きおろし78Pを加えた、心に染み入る珠玉の作品集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

bluemint

21
風呂がテーマの本って気持ちがいいのが多い。「のの湯」もそうだった。この本は後半が良いと思う。お母さんがラブホに入るのを見てしまう「連れ込み風呂」とたまにはこんな気分になるよねーと同感の「サボり風呂」が良い。2018/02/09

manamuse

20
いろんな「おふろ」いただきました♪渡辺ペコさんの絵とエロスが好きです♡2022/01/29

江藤はるは

17
11262020/03/01

サルビア

16
お風呂が舞台のお話。不倫未遂あり、オネエあり、 不思議でちょっと悲しいお話でした。2017/03/09

ぐうぐう

16
ラブホと温泉。どちらも裸になる空間だが、異性に誘われれば、温泉のほうが断然敷居は低い。お風呂では、衣服だけではない、心の鎧も脱げるからなのかもしれない。お風呂にまつわる短編集『おふろどうぞ』は、裸になることで素直になっていく人達が登場する。温かな湯に浸かり、心身が和らいでいくと、湯けむりの向こうには、それまでと違った何かが見えてくる。2016/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10694273

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。