文春文庫<br> 殉死

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
殉死

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167663346

ファイル: /

内容説明

乃木希典――第三軍司令官、陸軍大将として日露戦争の勝利に貢献。戦後は伯爵となり、学習院院長、軍事参議官、宮内省御用掛などを歴任し、英雄として称えられた。そんな彼が明治帝の崩御に殉じて、妻とともに自らの命を断ったのはなぜなのか? “軍神”と呼ばれた男の内面に迫り、人間像を浮き彫りにした問題作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

269
司馬遼太郎が乃木希典を描いた本である。 乃木ほど毀誉褒貶が激しい人は 描きにくい のではないかとも思うが、 著者の史観は遠慮がないのが 気持ち良い。近代日本における古典的忠臣 乃木希典がいかにして形作られていったのか ..自刃に至るまでの乃木希典の 精神の過程とともに 妻静子の心の持ち様が 印象的な 物語だった。 2017/03/01

yoshida

203
日露戦争の旅順要塞攻略で有名な乃木希典。彼の軍事的な能力は司馬史観もあり、意見が分かれる。「坂の上の雲」でもあるように児玉源太郎と乃木希典が、若いころからの鮮やかな対比で描かれる。日露戦争の辛勝後に燃え尽き亡くなる児玉。明治天皇の大喪の日に、夫人の静子と殉死する乃木。子供二人も日露戦争で亡くなっており乃木家は絶える。乃木の頑ななまでの軍人としての美意識と、明治天皇への忠節を感じた。まさに劇的な生涯ではある。これが後の日本軍の精神主義に影響を与えたのではないかと思わせる作品。とは言え小説なので楽しく読了。2017/04/09

ナイスネイチャ

126
乃木希典の事が著者は嫌いな事が分かる。無能とまでの酷評に仕立て上げ、なぜ殉死に至ったのかを綴ってました。これだけ嫌いでよく作品にしようと思ったのが疑問。2020/06/30

優希

87
乃木希典に関する知識が殆どなかったため、その生き方を知ることができ、興味深かったです。英雄であり、数多くの栄誉を受けた乃木が命を絶つ決断をしたのは衝撃でしたが、己を貫く生き方があったからなのでしょう。軍神としての1人の生涯を見たようでした。2018/05/17

Die-Go

86
明治帝に殉じた陸軍大将・乃木希典の半生を描く。正直ここまで読後感の悪い司馬遼太郎は初めてだ。なぜだろう?きっと、死をもって殉じると言うことに違和感を感じるからだろう。乃木大将の精神性を極めて美しく感じてしまう日本人の特性にも。★★☆☆☆2017/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/541067

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。