―<br> ハキダメ。 銀行員七野夏姫の渉外日誌

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader


ハキダメ。 銀行員七野夏姫の渉外日誌

  • ISBN:9784047308596

ファイル: /

内容説明

Twitterで話題沸騰! トータルリツイート数100万越えを果たしたネット作家“ぺんたぶ”が、「腐女子彼女。」「作家彼女。」に続く最新作を書き下ろし。今度の“ぺんたぶ”は本業の銀行員になって登場だとおっ!? リアル銀行員が放つ、夢と希望のその裏に苦悩と現実が見え隠れするハラハラドキドキのBANK STORY!
妻「もう、わたしの願いは“作家彼女。”で叶ったわけだし、このうえなにがあるっていうの!?」
僕「いいかい、こんどの話は僕についてのこと(キリッ」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽぽ♪

28
ぺんたぶさん、初読みです。表紙の雰囲気から、勝手にラブコメかなーって思ってましたが、全く恋愛要素なくて残念でした。普段解らない銀行の裏側が垣間見えて面白かったです。七野のバイタリティーあふれる姿が爽快で、読了感は良かったです。2016/08/02

よっち

24
通称「ハキダメ」に配属されて、稟議書を申請する度に否認される毎日を送っていた七野。体育会系の足で稼いで顔を繋げる営業しか能のない彼女の転機となる出会いと成長を描く物語。七野の書いた稟議書を否認し続けた審査役の北大路によるまさかの抜擢。最初はその意味も分からないまま巻き込まれた七野でしたけど、これまでの積み重ねで多くの人の助けも得ながら、圧倒的な劣勢を覆してみんなが幸せなハッピーエンドに持ち込んでしまうパワフルなヒロインでしたね。気になるその後も知ることができて大満足の一冊でした。次回作にも期待しています。2016/04/30

ぼりよこ

12
この本は単独でもめっちゃ面白い!銀行の中の様子だったりコンペだったりと自身の身につく内容で、盛り上がりもかなり押さえられてるのでさくっと読める。さらにあの『作家彼女。』のお二人ががっつり絡んできて後日譚としても楽しめる!さらに!あとがきがまさかの奥さんってことで、暖かいんですよ。Twitterのあの感じと言いますか。すんごい読んでて幸せになるって言うか。いや、これ一つで三度美味しい感じ。あと、奥様。元気なお子さまが生まれますように。お体お気をつけください。いや、このご家庭みたいな感じは憧れるわ。2016/05/01

FUU

7
マンガだと思って買ったら小説でした....痛快銀行お仕事小説だった。リーダブルですな2016/05/29

ぺんぎん

6
佐木郁さんの絵が好きという繋がりで出会えた作家さん。とてもかわいらしい方だなという印象(笑)営業が好きで好きで好きという気持ちが突っ走ってしまったことからハキダメに飛ばされてしまった七野さん。営業が好きなんだということはすごく伝わってハキダメでもそれを活かせていてかっこいい人だなと思った。審査役に噛み付く感じもいいな〜と(笑)ハイパークールと熱血ちゃんが組み合わさるとここまで強いものなんだな〜と思った。いろんな登場人物がちょこちょこ絡み合っていておもしろかった!2016/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10041063

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。