精神障害者の事件と犯罪

電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

精神障害者の事件と犯罪

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784805823859
  • NDC分類 498.99
  • Cコード C0011

内容説明

精神障害者の犯罪は予防できるのか?精神障害者の家族として、またソーシャルワーカーを職業にして、四十年間の経験のなかから、市民のための精神医療、福祉、警察、司法、マスメディアを考える。

目次

序章 池田小事件を考える―建前ではなく本音で語る精神医療・福祉と事件・犯罪
第1章 兄が精神障害者だった―ゆえに「家族」の生活体験から見えてくること
第2章 精神症状が引き起こす事件・犯罪―ソーシャルワーカーとしての体験のなかから考えたこと
第3章 「精神障害者の事件・犯罪」は予防できるか―精神障害者の「入院」を多角的に検証し、社会復帰のあり方を考える
第4章 知られざる事実の数々―市民が抱く誤解の数々を解きほぐす
第5章 「心神喪失者等医療観察法案」と「精神保健福祉施策」―精神障害者の裁判を受ける権利を確立するために
終章 精神医療・福祉の構造改革に向けて―「公設政策秘書」への「偏見と誤解」報道の下で考えたこと

著者等紹介

滝沢武久[タキザワタケヒサ]
精神医療・福祉モニター
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。