新薬創製 日本発の革新的医薬品の源泉を探る

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,536
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新薬創製 日本発の革新的医薬品の源泉を探る

  • 著者名:長岡貞男【著】
  • 価格 ¥4,536(本体¥4,200)
  • 日経BP(2016/04発売)
  • 梅雨空に負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/23)
  • ポイント 1,050pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

オプジーボ、アクテムラ、ブロプレス、…
日本で生まれた、12の画期的新薬
その開発の過程を当事者へのインタビューを基に徹底分析

医薬品の研究開発の成功確率は3万分の1とも言われている。本書では、日本の製薬企業が生み出した12の画期的新薬に焦点をあて、当事者へのインタビューなどを基に、その研究開発の過程を分析している。

本書で取り上げているのは、いずれもそれまでの治療の在り方を一変させるようなインパクトを与え、しかも開発企業の屋台骨を支えるベストセラーに成長した12製品である。

この日本発の革新的なブロックバスター医薬品の各事例には、創薬過程にユニークな特徴がある。その過程を統一的視点で調査・横断分析をした結果、基礎研究の重要性、知的財産制度が果たす役割、産学連携の在り方など、多くの示唆を与えてくれるポイントが見出せる。

イノベーションと産業組織を研究対象としてきた東京経済大学の長岡貞男教授を中心に、研究者や製薬企業出身者らからなる10人のグループが本書を執筆した。

【目次】
第1章 コンパクチン
第2章 メバロチン
第3章 クレストール
第4章 リュープリン/リュープロン
第5章 タリビッド/クラビット
第6章 ハルナール
第7章 オノン
第8章 プログラフ
第9章 アクトス
第10章 アリセプト
第11章 ブロプレス
第12章 アクテムラ
第13章 オプジーボ
第14章 事例横断的な分析と示唆