ザ・町工場 「女将」がつくる最強の職人集団

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ザ・町工場 「女将」がつくる最強の職人集団

  • 著者名:諏訪貴子【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 日経BP(2016/03発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 480pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822251444

ファイル: /

内容説明

「町工場の星」と呼ばれ、メディアでも注目を集める女性社長の奮戦記第2弾。

 創業者である父の急逝を受け、主婦から社長になった町工場の2代目。リーマンショック後、業績低迷が続く会社を突然継ぐことになった彼女は、どのようにして社業を復活させたのか。生い立ちから会社再生までの道のりを綴った前作『町工場の娘』に続き、この本では、「職人の技を受け継ぐ人材の育成」にスポットを当てて、10年余りの苦闘を振り返ります。
 
お金もなく、知名度もなく、一時は身売りの危機にさえ陥った町工場が、若者の笑顔が絶えない活気あふれる「ものづくりの現場」に変身した――。その背景には、“素人”からスタートした2代目が知恵と情熱を余すところなく注ぎ込んだ人材育成戦略があります。自らの役割を「相撲部屋のおかみさん」に例える筆者は、若手、中堅、ベテランとどう接し、それぞれのやる気を引き出して、「若者が集まる町工場」をつくり上げたのか。その奮闘ぶりは多くの経営者の共感を呼ぶとともに、リーダーシップ論、コミュニケーション論の“生きた教科書”として、すべてのビジネスパーソンの参考になるはずです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いたろう

40
「町工場の娘」に続く2冊め。前著とだぶる話も多いが、今回は、特に人材育成について、多くのページを割いている。「人が育ち、辞めない町工場」を目指し、新人との「交換日記」、教育係とは別に置く「若手生活相談係」、部下に感謝を伝える「ありがとう会議」、誉めまくってモチベーションアップ等々、ならではの施策が並ぶが、それでいて、手厚い教育をするのかと思うと、練習をさせずに最初から製品を作らせるという究極のOJT。しかし、会社経営などしたことがなかった主婦がここまで会社を変えたのは、やはり諏訪貴子社長の人間力に尽きる。2017/08/18

のりあき

16
ダイヤ精機は国内屈指の精密加工メーカー。業界では名の知られた"町工場"。本書は先代社長の急逝により後継者となった著者が、いかに会社再建に取り組んだかを詳述。著者は社長を引き受ける前は主婦だったという。未経験に近い主婦が、1000分の1ミリの精度を追求するスーパー職人集団の長となり、わずかな期間で50代以上に偏重していた企業内の年齢ピラミッドを正常化したという。職人組織では離れ業と思う。なお、この社長は講演活動も行っており、私も聴いたことがあるが、300人の受講者を前に臆せず、エネルギーに溢れた女性でした。2016/03/18

Sakie

15
業種も立場も近いので、人を育てるにあたっての課題は同じ。そのやりかたはとても参考になる。社内ルールを決めたら徹底して守らせる。ただそれだけのことが、難しい。怒りに任せて険のある言葉を突きつけるよりは、率直かつ配慮ある物言いのほうが、相手には届く。そのためには、反射的に返すのではなく、最も効果的な機を狙い、フラットな心もちで、練った言葉を伝えるのだ。腹が立ったら社員への思いを思い出せ。この著者は言い回しもタイミングもほんとに絶妙。『私を怒らせない言葉に直して言ってごらん』なんて、私も今度、絶対言ってやる。2019/05/16

koji

13
著者諏訪貴子さんの講演を聴き、その人材育成法を活字でも確認したいと思い手に取りました。若手相談係も交換日記も人材マップも、一つ一つはどこでも行われている方法なのに、魂がこもっているんでしょうね。人がいきいきと動き始めるさまが活字からも浮かんできます。諏訪さんはまさにザ・サーバントリーダーですね。器が違います。それにしても、諏訪さんの講演は素晴らしかったですね。アナウンス専門学校に通っていただけあって、声のとおりの良さ、メリハリのきいた喋りで、いつもは必ず1回は寝落ちするのに1時間半全く眠くなりませんでした2019/01/30

miraiocoo

11
社長の日記のような感じですね。 以前勤めていた時 教育されてきた内容を実行ですね。でも、素晴らしいのは実行できたこと。実行したことですね。あっぱれですね。 失敗もいっぱい有ったと思いますが2017/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10671369

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。