竜の雨降る探偵社

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

竜の雨降る探偵社

  • 著者名:三木笙子
  • 価格 ¥699(本体¥636)
  • PHP研究所(2016/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569765228

ファイル: /

内容説明

昭和の新宿。「雨の日だけ営業」と噂される、元神主・水上櫂の探偵社をめぐる物語――。幼馴染の慎吾が「近ごろ、会社に間違って届く郵便物が多くて、受付の女性が困っている」と櫂に相談した数日後、その女性は失踪して……(表題作)。◎友の死を悼みつづける女の真意を見抜く「沈澄池のほとり」。◎破格の待遇で募集されたカメラマン採用試験の謎に迫る「好条件の求人」など、四作品を収録した連作短篇推理小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hirune

48
櫂が拘りのないサッパリとした印象なのに、慎吾の罪悪感を抱え込んだうじうじッ子ぶりが私は好きになれなかった…それを言っちゃあ お終いよってくらいこの本の主題なんだけどねぇΣ(-᷅_-᷄๑)探偵社を営む櫂が お金にならない事件を慎吾とともに解決していく短編集。探偵として有能だし推理も面白い。でも最後の結末は はっきり言って推理小説としては掟破りなんじゃないでしょうか☆あ、これってミステリーっぽいファンタジーなのかな?2018/01/26

よっち

44
戦後の新宿を舞台に「雨の日だけ営業」と噂される元神主の探偵・水上櫂と、彼を気にかける幼馴染・慎吾のコンビがもたらされる謎を解決する連作短編集。郵便物の誤配に頭を悩ませていた女性の失踪、友人が自殺した貯水池を気にかける女性、破格の待遇で募集されたカメラマン採用試験、慎吾が子供の頃助けだされた真相など、事件解決に協力しながらも櫂に恨まれているのではと苦悩する慎吾の繊細な描写はなかなか良かったですね。最後に明かされた櫂の重い選択を考えると、これは真澄が慎吾にツンケンするのも仕方ないなと思ってしまいました(苦笑)2016/04/17

yu

41
Kindleにて読了。どこかSFっぽい感じがするなーと思っていたら、そういうオチでしたか。どこかゆっくりと時間が流れている雰囲気がいい。2019/05/03

つたもみじ

29
雨の日だけ営業…という噂の水上探偵社。元神主・水上櫂と、幼馴染の和田慎吾、二人の物語。短篇集。いつもの柔らかい雰囲気ながら、ミステリとしては謎解きが簡単すぎて物足りない。爺になってる礼に笑ってしまったけれど。心の内に後悔と、櫂に対する負い目、罪悪感、後ろめたさを深く重く抱えている慎吾。前に読んだクラーク~にも同じような設定キャラがいて読むのしんどかったんだよなあと。ラスト慎吾は少し救われた感あるけど…真澄は可哀想だな。他にも竜はいるのかな。千年の孤独にならねば良いが…。2017/03/24

絳楸蘭

29
慎吾の葛藤が苦しかったのに、ラストそうきますか~!?伏線はこれ見よがしにあったけど、本当にそうなのかと驚いた。そして、礼さんがいることに二度ビックリ!リンクしてると別の楽しみもあっていいね。2016/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10609826

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。