―<br> 世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy


世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

  • 著者名:くさばよしみ【編】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 汐文社(2016/04発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784811322483

ファイル: /

内容説明

生い立ち、大統領になるまでのさまざまな体験、若者への思いなど、ウルグアイの自宅の農場で語ってくれた「言葉」を通して、その人柄・哲学がよくわかる。子どもから大人まで読めるメッセージブック。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

292
とてもいい話だった。とても真摯に物事を考えているなぁと思った。2015/11/07

137
もう1冊のスピーチの絵本よりも大人向けかな?ムヒカ大統領の考え方はやはり哲学が絡んでいたのですね。やはり哲学は生きる上で大事なのだとわかりました。豊かになりたくて働くのに、豊かさを上回るお金を稼ぐために時間がなくなっている、本末転倒な毎日を送っていることに気づかされました。お金がないと生きてはいけないけれど、ムヒカ大統領に、命とは、生きていることは奇跡なんだと改めて教わってはっとしました。2015/12/23

chimako

110
たった70ページ足らずの本だが厳選して15ヵ所にチェック。ムダなところが一切無い。巻末の写真のムヒカ氏は色あせ伸びきったスウェットにサンダル履きで本にサインをする。奥さんのルシアさんもスニーカーに茶色のズボン。ブラも無し(たぶん)。お二人の生活ぶりがうかがえる。これは、これからの子供たちに向けた本だが人生のかなり後半を生きる自分にとっても勇気づけられる一冊。「人生は過去じゃない、未来だ。」「貧乏とは無限に多くを必要とし、欲しがることである」欲しいものはあまりないし、人生は未来。さぁ、これから。2016/03/08

G-dark

86
わたしは人生に悩んでいる時にこの本と出会い、「たとえ20回挫折しても、やり直す価値があるんだよ。わたしがそうだったんだから。人生を意味あるものにするかどうかはきみ次第だ。たとえ困難でも、もう少しと挑むことだ。敗者とは、肩を落とし自らを放棄してしまった人のことだ。人生を投げてしまうのは、店で命を売るようなものなんだよ。どうでもよい買い物をして人生を使っているうちに、一文無しになったきみはこの世でいったい何をしたかったのだろう?」という言葉に励まされました。こういう大事なことを子どもに伝えられる人になりたい。2018/08/26

Aya Murakami

79
世界一貧しい大統領の存在は知っていましたが、まさか逮捕歴があるとは…。壮絶な人生だったのですね…。 そして暇ということを今まで見下していましたが、作者さんの言葉でそうではないと気づきました。これから暇を活用して哲学してみます。2018/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9899390

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。