岩波文庫<br> 辻征夫詩集

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

岩波文庫
辻征夫詩集

  • 著者名:谷川俊太郎
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • 岩波書店(2016/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

やさしくて,茫洋として,卑下もせず,自慢もしない――.実際に生きているリアリティーを話し言葉を巧みに使って書かれた素直なことばが,混沌とした重層的な時空間をうみ出す,現代抒情詩の第一人者辻征夫(1939-2000)のエッセンス.全作品から70篇を精選し,自筆年譜を収録した.(対談・解説=谷川俊太郎)

目次

目  次

 『学校の思い出』──(思潮社、一九六二)
  沈 黙

 『いまは吟遊詩人』──(思潮社、一九七〇)
  あしかの檻
  池袋 土曜の午後
  野 犬

 『隅田川まで』──(思潮社、一九七七)
  隅田川まで──作文の試み
  春の問題
  婚 約
  挨拶──結婚に際して
  風

 『落日』──(思潮社、一九七九)
  雨
  路地裏の翼

 『辻征夫詩集』──(現代詩文庫、一九八二)
  タバコ
  三つばかり

 『天使・蝶・白い雲などいくつかの瞑想』──(書肆山田、一九八七)
  天 使
  珍品堂主人、読了セリ
  屑屋の瞑想録(抄)

 『かぜのひきかた』──(書肆山田、一九八七)
  ある日
  まつおかさんの家
  かぜのひきかた
  桃の節句に次女に訓示

 『鶯』──(書肆山田、一九九〇)
  突然の別れの日に
  剃 刀
  ちるはなびら
  鳥 籠
  ひるのつき
  鶯

 『ヴェルレーヌの余白に』──(思潮社、一九九〇)
  昼の月
  レイモンド・カーヴァーを読みながら
  夏は緑の葉っぱの子供と
  ラブホテルの構造

 『ボートを漕ぐおばさんの肖像』──(書肆山田、一九九二)
  ボートを漕ぐ不思議なおばさん
  浜木綿のかげに運動靴を置いて
  雲
  郊外の道を歩いていたら
  おじさんがいっぱい
  遠い花火
  おばさんとぼくと私──或はおばさんの出現と消滅

 『河口眺望』──(書肆山田、一九九三)
  ハイウェイの事故現場
  そしてきみたちが寡黙な影となって
  雨
  豚 祭
  音 楽
  突然訪れた天使の日の余白に(抄)

 『俳諧辻詩集』──(思潮社、一九九六)
  吾妻橋
  遠い火事
  夏の川
  夏 館
  林 檎
  慶 州
  落 葉
  耳 朶

 『萌えいづる若葉に対峙して』──(思潮社、一九九八)
  萌えいづる若葉に対峙して
  おじさん狩り
  チェーホフ詩篇(抄)
  玉 虫
  風の名前
  ジョン・ダン風に晩秋の東京から
  蟻の涙
  学 校
  月 光
  反ロビンソン
  ワイキキのシューティングクラブ

 『辻征夫詩集成 新版』──(書肆山田、二〇〇三)
  蟻の涙 2

 単行詩集未収録詩篇から
  少 年(抄)
  象 よ
   (もう生きていたくないから)
  潮干狩
  海
  旅の記念
  野球場で
  詩の肉体
   対談(辻征夫・谷川俊太郎)
   辻さんの言葉を頼りに(谷川俊太郎)
   辻征夫自筆年譜