ペンギンの不思議 - 鳴き声に秘められた様々な役割

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy

ペンギンの不思議 - 鳴き声に秘められた様々な役割

  • 著者名:宮崎正峰
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 誠文堂新光社(2016/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784416114506

ファイル: /

内容説明

ペンギンは、つがいになる相手をどのように選ぶのか、また何万羽もいる群れの中からどうやって自分の家族を探し出すのかといった疑問に答える鍵となるのが、鳴き声によるコミュニケーションです。
本書は、その鳴き声に隠された役割を紹介するとともに、長年フィールドでペンギンと向き合ってきた著者ならではの視点で、ペンギンに関する基礎知識や研究過程でのエピソードを紹介します。

目次

第1章 ペンギンとはどのような生物?/第2章 ペンギンの種類/第3章 ペンギンの不思議/第4章 ペンギンに関する質問/第5章 地球環境とペンギン/第6章 ペンギンの調査研究

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あおい

20
ペンギン、可愛い!の一言に尽きる。思ったより簡単めな内容。文章の所々に筆者のユーモアのセンスを感じる。2019/04/30

しゅー

5
ペンギンを家で育てられるならしたいけど、鳴き声大きいもんね。 ペンギンの声を研究してる方の本。読みやすかった2016/11/23

もりけい

5
かわいいペンギンたち。そんなペンペンたちの声によるコミュニケーションを研究している著者の本。ページの大半は種類と生態と現場での研究の大変さを述べて写真も豊富。メスがオスを選ぶ際のポイントは低い声。かわいいだけじゃなかったんだね。2014/10/26

4
著者はペンギンの鳴き声を研究されている方だそうです。ペンギンにこんなにたくさん種類があるとは。もしも自宅でペンギンを飼うとしたら、という話が興味深かったです。2021/08/31

田蛙澄

2
小中学生向けの本かと思いきや、ページ数の少なさの割に結構な情報量があり、なにより専門の研究者の著作なので野生動物研究や留学などについても触れていてとても興味深かった。ペンギンが18種もいるのも驚きだった。たぶん属名といくつかの種名ぐらいしか知らなかった。鳴き声による識別の話しを中心に据えているのも著者の研究分野が生かされていてよかった。2017/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8622147

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。