文系でもわかる人工知能ビジネス(日経BP Next ICT選書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,944
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文系でもわかる人工知能ビジネス(日経BP Next ICT選書)

  • 著者名:EYアドバイザリー【著】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 日経BP社(2016/02発売)
  • 梅雨空に負けるな!Kinoppy 電子書籍/電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/28)
  • ポイント 450pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

多くの人工知能書籍は技術系の解説に寄っていますが、本書には難しい技術の話は登場しません。2020年を想定し、人工知能によって大きく変わるわたしたちの仕事と暮らしを「物語」形式でわかりやすくまとめました。リアルな描写で「なるほど、こんなふうになるのか」とイメージが広がります。

 仕事と暮らしという側面で書いていますが、そこに登場する人工知能関連のサービスはどこかの会社が提供するわけで、本書は「人工知能ビジネスの本」ともいえます。ビジネスパーソンの方々が本書を読むことで、人工知能を用いた具体的な新ビジネスをイメージできるはずです。

 対象にしたのは「自動車」「社会インフラ」「製造業」「農業」「物流・倉庫」「安全保障」「小売」「セキュリティ」「オフィス業務」「住宅」「医療」「教育」「金融」の13領域。これらの領域では次々と新しい人工知能サービスが登場するはずです。本書はそうしたサービスが当たり前になった日常を描いています。

<目次>
1章 自動車メーカー営業マン
2章 建設会社社長
3章 精密板金工場長
4章 自動車メーカー工場長
5章 農家
6章 トラック運転手
7章 米国空軍のスペシャリスト
8章 書店経営者
9章 警察官
10章 消防士
11章 電機メーカーマーケティング部門の担当者
12章 弁護士
13章 ワーキングマザー
14章 田舎に住むお年寄り
15章 肥満に悩むエンジニア
16章 一人暮らしのおばあさん
17章 買い物好きなアパレルメーカー社員
18章 投資銀行に勤める独身女性
19章 頭脳明晰な小学生
20章 米国の大学院に通う留学生
21章 シングルマザー