集英社文庫<br> 孤高 国語学者大野晋の生涯

個数:1
紙書籍版価格 ¥799
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

集英社文庫
孤高 国語学者大野晋の生涯

  • 著者名:川村二郎【著】
  • 価格 ¥745(本体¥690)
  • 特価 ¥596(本体¥552)
  • 集英社(2016/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

名著『日本語練習帳』の著者で国語学の巨人・大野晋は、その研究に八十八年の人生を捧げた。東京下町に生まれ、小学校の時に父親から『広辞林』と『字源』を与えられ、大戦下、一高から東京帝国大学に学ぶ。還暦を過ぎてから発表した「日本語の起源はタミル語」であるという研究は、学界論争を巻き起こす。司馬遼太郎をして「抜き身の刀」と言わしめた大野晋の波瀾万丈の生涯を描いた傑作評伝。

目次

プロローグ 熱風
第一章 下町
第二章 山の手
第三章 戦争
第四章 敗戦
第五章 国語
第六章 タミル語
エピローグ 遺言
あとがき
大野晋関連年譜
参考文献