講談社+α文庫<br> 撃滅 山口組VS一和会

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader

講談社+α文庫
撃滅 山口組VS一和会

  • 著者名:溝口敦【著】
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 講談社(2016/01発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062564458

ファイル: /

内容説明

“日本のドン”田岡一雄亡きあと4代目山口組組長の座をめぐり、竹中正久4代目に反旗を翻した山本広ら反竹中派は一和会を結成、日本最大の広域暴力団山口組はついに分裂した。「不逞不遜(ふていふそん)」として山口組から絶縁処分を受けた一和会は、襲名わずか202日の竹中4代目を襲撃、射殺する。山口組対一和会の、血で血を洗う抗争が始まった……。関係者の証言と綿密な取材で描く、溝口敦の山口組シリーズ第4弾。

目次

文庫版のためのまえがき
第一章 殺害された竹中正久
第二章 「山口組解体作戦」
第三章 不在の四代目組長
第四章 山口組分裂
第五章 山口組に政治的ニーズなし
第六章 連合の時代を生きる山口組
第七章 大阪戦争前夜
第八章 三代目組長狙撃
第九章 抗争としのぎの世界
第十章 私的暴力の終焉
付1 山口組抗争史年表
付2 山口組vs一和会抗争史年表
単行本あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tnyak

3
溝口氏の山口組シリーズ第4弾。三代目の死去後の跡目を巡る対立から、日本やくざ史上最大の抗争、そしてその終焉とその後の山口組を描いたルポ。抗争の図式を単純化して言うと、イケイケの武闘派と経済ヤクザの対立であったようだ。一般人の私には、想像を絶する世界の話でした。 2019/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10943

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。