明治日本美術紀行 ドイツ人女性美術史家の日記

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,026
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

明治日本美術紀行 ドイツ人女性美術史家の日記

  • 著者名:フリーダ・フィッシャー/安藤勉
  • 価格 ¥972(本体¥900)
  • 講談社(2016/01発売)
  • 秋の夜長もKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/22)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

訪日5度、滞日延べ10年余――ケルン東洋美術館の生みの親フリーダ・フィッシャー。彼女は、竹内栖鳳、黒田清輝、井上馨、田中光顕、住友吉左衛門、根津嘉一郎、原三渓ら美術家・蒐集家と交流して日本美術への認識を深め、それらを育んだ日本人の気息に触れんと努めた。本書は彼女の日本日記であり、近代日本美術界の消息を伝える貴重な資料でもある。待望の書、初の全訳成る。