集英社文芸単行本<br> 大班 世界最大のマフィア・中国共産党を手玉にとった日本人

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

集英社文芸単行本
大班 世界最大のマフィア・中国共産党を手玉にとった日本人

  • 著者名:加藤鉱【著】
  • 価格 ¥1,382(本体¥1,280)
  • 特価 ¥1,105(本体¥1,024)
  • 集英社(2016/01発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 250pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

驚愕のノンフィクション・ノベル! 「騙す奴より、騙される奴が悪い!」「反撃するなら徹底せよ!」――昼間は官僚、夜はマフィアのボス、二つの顔を使い分ける中国人エリートたち。一方で、知らぬ間に利益を抜かれる日本企業。一筋縄ではいかない彼らと渡り合い、やがて彼らの懐に入り込み、ついには「大班(リーダー)」と呼ばれた日本人・千住樹。いかに戦い、ビジネスで勝ち抜いたか、波乱万丈な生き様を描く!

目次

第一章 公私混同しなければ中国人でない(一九九二年)
第二章 脱税物販ビジネス(一九八八年)
第三章 幇の恐怖(一九九四年)
第四章 三つ子の魂百まで(一九九一年)
第五章 「関係」の移転(一九九六年)
第六章 チャイナ・オペレーション(二〇〇一年)
第七章 反日デモ(二〇一二年)
第八章 それから(二〇一五年)
あとがき