自分の「ものさし」で生きなさい 人を愛し、自分を愛するための処方箋

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

自分の「ものさし」で生きなさい 人を愛し、自分を愛するための処方箋

  • ISBN:9784822273972

ファイル: /

内容説明

超人的な千日回峰行を2回も満行した酒井雄哉さん。
「何をやってもうまくいかなくて、奥さんも亡くしちゃった。40歳で比叡山に登るまではどん底だった」という

地道にキャリアを積み、2人の子どもを育ててきた村木厚子さん。
突然、郵便不正事件に巻き込まれ、身に覚えのない罪で逮捕・拘留された

大きな困難にぶち当たった時
一つ一つ乗り越えてきた2人の言葉
だからこそ、深く心に響く。
「ないものを嘆くのはムダ」
「生かされていることを感謝して生きなさい」

悩めるすべての女性に贈る対談集

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mami

16
酒井大阿闍梨はどの著書でも語ってらっしゃることは同じ。分かっていても手に取るのは、その有難さを私が何度でも受け取りたいからなのだろう。大丈夫、大丈夫と励まされているかのように気持ちが穏やかになる、私の安定剤。2018/09/13

すうさん

7
読書メーターでは2014年の年末にも読んでいた。最近ユーチューブで酒井雄哉さんの講演を見た。千日回峰行の厳しい姿ではなくリラックスして話す姿は本当にどこにでもいるおじいちゃん。想像通り朴訥とした語り口調だった。本書では女性のためのと宣伝されていたが日本社会での女性の立ち位置は村木さんへの冤罪を通じてよくわかったし、女性の強さも理解できた。対談で酒井さんの語る言葉が心に残るのは、宗教家の言葉として歴史のように長く継いできた言葉だからだ。いつも優しく平易だ。いつも水のようにス~っと心の底に落ちてきます。2021/01/22

すいれん

3
「千日回峰行」を二度満行された大阿闍梨と村木さんの対談。質問と回答みたいな感じだけど、明解な答えばかりじゃなくて。ただ、きちんと受けとめてくれると、質問している側が答えを見つけていくものなのかも、と感じる。不安や不満って吐き出して言葉にして受けとめてもらうと浄化されるのかな。受けとめる側の負担は大きいだろうな。肉体修行を強いるのは、この為なのかしら。自分のものさしは伸縮自在ではいけないと自戒。バランスとって生きていくってほんと難しい。だから助けや救いを求めるのね。いい人は無理でも悪い方からは遠ざかりたい。2019/03/31

たいきち

2
図書館本。村木さんが心の支えにしたという本の作者である酒井阿闍梨との対談。女性に向けての生き方がテーマなので、どちらかというと村木さんがテーマについて自分自身の考えを話し、阿闍梨が答えるというやりとり。とくに阿闍梨は特別な話はしない。村木さんの方が世情を汲んだ女性向きの話が経験に基づいて話されている、と読んでる最中は感じたが、お坊さんは聴くのが仕事。世渡りのヒントを訊こうと思っても、村木さんでも逆に自分の気持ちを言葉にさせられたりしている。自分の中に答えがあるってことなのかもなと最後は感じた。2019/02/24

もくたつ(目標達成)

2
職場の本棚にあった本を拝借(ちゃんと返します。)厚生労働省元事務次官の村木厚子さんと、大阿闍梨の酒井雄哉さんとの対談。村木厚子さんが逮捕・起訴されたときの話もあり、村木さんが普段の仕事に対して感じることも話されており、大変参考になった。2018/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8278138

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。