双葉文庫<br> 使の者の事件帖 : 1 女湯に刀掛け

個数:1
紙書籍版価格 ¥662
  • Kinoppy
  • Reader

双葉文庫
使の者の事件帖 : 1 女湯に刀掛け

  • 著者名:誉田龍一【著】
  • 価格 ¥539(本体¥490)
  • 双葉社(2015/12発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575667516

ファイル: /

内容説明

「使の者」、いまで言う“便利屋”を生業にしている猪三郎、「団扇売り」の鹿之丞、そして、楊枝屋「姿屋」の看板娘のお蝶。そんな三人を、親代わりで面倒を見てきたのが湯屋「萩の湯」の主人夫婦だが、実は、それは全て南町与力の村雨卯之助の命を受けてのこと。村雨は三人を「いざという時に使える」よう、幼い頃から武術を習わせていたのだ。そんな折、萩の湯の女湯で同心が殺される事件が起こった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤よい

2
まだ若い三人組の必殺仕事人シリーズです。これを読む前に知野みさきさんの「江戸は浅草2」を読み終えていて、そちらは人情味がある雰囲気でしたが、同じ三人組でもこちらは忍びの術や暗殺術を身につけていて、悪人を抹殺していきます。 勧善懲悪です。2020/11/30

のんぶぅ

2
南町奉行所の内与力の密命を受け、世の悪を容赦なく始末する、猪・鹿・蝶達の蠢く様な動きには驚きです、事に当たってのテンポが速いのが、もう少しじっくりと。2015/12/09

あき

1
猪鹿蝶、男ふたり、女ひとりの仕事人もの。三節棍や沖縄簪等、変わった武器を使うのも仕事人シリーズを彷彿とさせる。男ふたりのキャラに今ひとつメリハリがないのが惜しい。2021/10/08

トラジ

0
必殺仕事人。勧悪懲悪で分かりやすいストーリー。軽い内容だが結構残酷。2016/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9940710

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。