世界を変えた100日

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,080
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

世界を変えた100日

  • ISBN:9784863130500

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

各誌紙の書評で激賞!世界が“変わった”瞬間をとらえた報道写真で現代の歴史を読む!

● 第一級の報道写真で綴るビジュアル現代史
● モノクロ、カラー写真、あわせて250余点を収録
● 当時の写真家のメモ、写真史からみた解説も掲載

その日、世界が動いた――。リンカーン大統領暗殺、日本海海戦など、19世紀半ば以降の「特別な100日」をピックアップし、その決定的瞬間をとらえた報道写真と解説で、歴史的な一日を生々しく伝えます。
120年にわたり「世界の今」を写真で伝えてきたビジュアル誌のパイオニア『ナショナル ジオグラフィック』と、報道写真の殿堂ゲッティ イメージズのコラボレーションが初めて実現!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ふろんた

19
戦乱、事件の写真も多いけど、鉄道が開通し、自動車が走り、飛行機が飛ぶという歴史の流れも感慨深い。2016/03/05

お昼寝ニャンコ

16
再読。ナショナルジオグラフィック社発行。1851年第1回万国博覧会開催の写真から始まるこの本は、数度にわたる世界各地での戦争、紛争、日本への原爆投下、事件、事故、人類史上記録に残る発見などを当時の一流と言われたカメラマン達の写真でその瞬間を切り取った貴重な記録である。日本では報道上あまり見ることの無い遺体や処刑などの写真も含まれており衝撃を受けるが、まぎれも無い歴史上の真実の姿がそこにある。どれだけ悲惨でも、人類の歩んできた道筋を時折振り返り心に刻みつける事は、今に生きる私達の義務の様に思える。2016/04/12

ふう

14
世界の印象的な出来事を捉えた100枚の写真。それぞれの説明が、できたらもう少し分かりやすく、統一されていればもっと良かったのに (誰この人と思ったらそのあとの違う欄にさらっと書かれてたり)。知ってる写真も少しだけあったが、はじめて見るものがほとんど。この事件ではもっと有名な写真があるんじゃないかなーとか思ったりもした(これナショジオとゲッティイメージズなんだけど)2019/07/05

late

8
世界を変えた100日。タイトルに偽りなし。 やはり人類の歴史は戦争の歴史。そして、その戦争を撮るカメラマンもまた命がけ。それだけに全編通して写真の凄味に見入る。解説も丁寧。 初のテレビでの大統領選、地球の最深部到達、黒人生徒の初登校、天然痘最後の患者(病気の撲滅)等、明るいニュースも勿論たくさんある。人類の歴史は、初めての繰り返しでもある。2017/06/26

それん君

8
写真が本の多くを占めていますので読みやすいです。 読了後、家に取っておいてある古新聞を久しぶりに見たような感覚になりました。2016/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490735

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。