ハイデガー哲学入門 『存在と時間』を読む

個数:1
紙書籍版価格
¥990
  • 電子書籍
  • Reader

ハイデガー哲学入門 『存在と時間』を読む

  • 著者名:仲正昌樹【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 講談社(2015/11発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062883412

ファイル: /

内容説明

従来のハイデガー『存在と時間』解説書はアリストテレスや中世スコラ哲学、新カント学派、フッサール現象学、ユクスキュルの生物学等からの影響や相関関係をめぐる専門的な問題に集中しすぎるきらいがあった。それがどうして当時のドイツやフランスの若者を引き付けたのか、現在でも多くの哲学者を魅了するのか、思考の枠組みは従来の哲学とどう違うのか、普通の人の人生にどのような意味があるのか等、哲学学習者の興味に答える。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

45
以前は人間という存在は如何なる存在か、と実存主義的に読まれていました。それは、そもそも存在するということとは如何なる事態かという問いとして立ち上がっていたはずです。思弁的実在論はこの議論の更に外側に出ようとしており、マルクス・ガブリエルの議論は現存在に極めて近いことに気付きます。『存在と時間』であっても、存在するということを直接理解するには至らず、周囲を廻っている印象を受けます。所詮、人間には人間の一定の可能性の範囲でしか存在を理解できませんが、それを絶妙に論じているのはハイデガーであったと再認識します。2019/04/26

みつ

33
間もなく「高齢者」に足を踏み入れる我が身を顧みて、「未読の必読書」の筆頭とひしひしと感じている『存在と時間』。かつてのNHK番組『100分de名著』ではなんとなく分かったように感じていたが、以来本家を手に取ることもなく、まずは入門書からと考えたものの非常に難解。「現存在」「世界内存在」「投企」「先駆的決意性」「歴運」などの術語も、「死へと向かう本来的存在を自らの「実存」として受け容れることを「自由」と呼んでいる。」(p149)などの言い回しも、独特の魅力に富んでいるが、分かったかとなると全く心許ない。➡️2023/10/28

masabi

20
ハイデガー『存在と時間』の解説に焦点を当てた一冊。ハイデガー独自の語法を筆者が可能な限り噛み砕いて説明しているので、ある程度理解することができた。デカルトによる近代哲学の確立が西洋哲学から存在論や時間論を日陰に追いやったことを問題視し、それらを再度哲学史に位置付けようとしたのが氏の著作である。『存在と時間』の引用が随所でなされていたが、解説なしにはその理解は困難を極めそうだった。難解な書を一回読んだだけで理解しようとするのは蛮勇だが。2016/03/25

テツ

19
『存在と時間』の解説書。そもそもハイデガーによる原著が難解な上に未完だけれど、ぼんやりと理解が(2ミリ程度)進んだ気がする。この世界に否応なく投げ込まれたぼくたちは死という約束された終わりのイベントごと環境も偶然も全てを引き受けて存在する。現存在としてのぼくたちは、能動的に、受動的に、世界を選択し、その結果にまで責任をもち、存在を続けていく。自身の生をどんな覚悟でどう消費していくのか沈み込むように考えたい。ハイデガー語のような難解な言葉もなるべく避けて書かれているようでかなり読みやすかったです。2021/07/07

ミズグ

14
ハイデガーの「存在する」とはそもそもどういうことなのか?という問いとして存在を解明する動機に対する、実存主義的な=ヒューマニズムが否応なく需要されてしまう関係性を論じている所が非常に面白かった。2016/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9923445
  • ご注意事項