ブルーバックス<br> 新・進化論が変わる ゲノム時代にダーウィン進化論は生き残るか

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

ブルーバックス
新・進化論が変わる ゲノム時代にダーウィン進化論は生き残るか


ファイル: /

内容説明

チンパンジーは、ゴリラよりもヒトのほうに近い動物だった! 動物の犠牲的行動や子殺しは、遺伝子が生き残るためだった! ヒトのDNAの34%は、ウイルスのかけらだった! ネアンデルタール人は、私たちの祖先ではなかった! バクテリアは、プラスミドやウイルスを使って遺伝子をやりとりしていた! ゲノムからのアプローチで進化論はどう変わったか。ゲノムの解読と新しい遺伝子の発見が、進化の謎を解くとともに、新たな進化仮説を生んでいる。ダーウィンが正しかったこと、間違っていたこと、そして知らなかった事実とは?「進化論のいま」をわかりやすく紹介! (ブルーバックス・2008年4月刊)

目次

はじめに
第1章 進化論のパラダイムシフト
第2章 遺伝子で探る進化のメカニズム
第3章 ダーウィン進化論への道のり
第4章 さまざまな進化論
第5章 進化論の五つの論点
第6章 遺伝子が進化の主役か
第7章 ウイルス進化説の提案
参考文献