ハーレクイン<br> 都合のいい花嫁

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
都合のいい花嫁

  • ISBN:9784596223913

ファイル: /

内容説明

私はかりそめの花嫁。愛なんて望めない……。

ヘレナは残されたウエディングドレスを手に思い悩んでいた。姉が政略結婚で決められた婚約者のフリンを捨てて、式の直前に逃げだし、初恋の人と駆け落ちしてしまったのだ。礼拝堂には仕事関係の招待客も大勢いる。このままでは、大企業の次期CEOである彼が恥をかいてしまう!10代の頃から憧れていたフリンの危機を救いたい一心で、ヘレナは思わず彼に告げた。「私が一時的に身代わりの花嫁になるわ」その衝動的な提案に驚き、たしなめるフリンを振り切って、彼女は姉のドレスをまとい、祭壇の前で誓いの言葉を口にした――フリンが花嫁に求めるのは、跡継ぎを産むことだけだと知りながら。

■気鋭の英国人作家ソフィー・ペンブロークの新作をお贈りします。本作は、やむなく便宜結婚することになった二人の物語。皮肉にも、愛の国イタリアで交わされる愛なき契約……。ヘレナの密かな恋の行方は? 前作『初恋の残り香』の主人公たちも登場します。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

12
立ち読み。駆け落ちしちゃったお姉ちゃんのかわりに、ずっと惹かれていた男性と結婚する女性のお話です。でもこの家族たちがですね、女性の父親は彼の奥様と関係してるし、お姉ちゃんは彼のお兄ちゃんと駆け落ちするし、もうそういう設定だけでうへ~かんべん。とはいえ、女性という性が時に貶められることや、間違いを認める辛さ・重要さなんかについての部分はとても真摯にできていて、そういう部分は好みなロマンスです。2015/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9860572

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。