朝日新書<br> 京都ぎらい

個数:1
紙書籍版価格
¥836
  • 電子書籍
  • Reader

朝日新書
京都ぎらい

  • 著者名:井上章一【著者】
  • 価格 ¥799(本体¥727)
  • 朝日新聞出版(2015/10発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784022736314

ファイル: /

内容説明

あこがれを集める歴史の都・京都! そんな古都を「きらい」と明言するのは、京都育ちで、ずっと京都に住んでいる著者だ。千年積もった洛中人の毒や、坊さんと舞子さんとのコラボレーションなど、「こんなん書いてええのんか?」という衝撃の新京都論。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

562
井上章一氏の本は『霊柩車の誕生』をはじめ、何冊か読んでいる。読書メーターに登録前のものが多いので、ここには反映されないが、結構熱心な読者ーそう、この人の言葉で言えば「ひいき筋」だとさえ言える。着想の面白さ、論理展開の大胆さを楽しんできたのである。ところが、本書を読むとなんだか老いを感じて痛ましい気持ちになる。「洛外の民として自分の生涯はおえよう」などという決意は滑稽ささえ滲み出るようである(余計なお世話か?)。本書を貫くのは逡巡と矛盾である。彼の著述の総決算がこれでないことを切に願うのみである。2017/04/21

mitei

539
この本がまさか新書大賞をとっていたので驚きとともに手にとった1冊。私も洛中の人間ではないけど京都市の人間に取ると確かにと思うことが多かった。私も京都出身という触れ込みのアイドルの実際の出身地を調べたら、木津川市出身で思わず笑ってしまったので京都の思想に組み込まれているなと感じた。最後の日の丸とか靖国の話にはあまり共感も覚えなかったが京都の話に徹したら良かったなと思った。2016/02/11

遥かなる想い

465
2016年新書大賞第1位。 京都を論じた本は本当に多いが、本書は 洛外に暮らす人間が描く洛中絵巻であり、 京都の嫌なところを堂々と描き出し 小気味良い。京都人の心の奥にあるドス黒い感情が 読者に共感を呼ぶのが面白い。 どうでもいいような細かな事に拘りながら、 生きる京都の人々を、実は著者は大切に 思いながら本書を書いている、 そんな気がする本だった。2016/06/04

鉄之助

459
「京都」の中にも、洛中と洛外、京都市の外れと、大きな溝があった。京都市生まれと京都府生まれの人にも大きな差が……。なんと、奥が深いと言うか、執着している、と言うか、千年の古都の魅力でもある。2024/04/29

Aya Murakami

254
図書館で借りた本です。 自分も大学4年間京都の伏見で過ごしたのですが…、たしかに伏見と洛中では微妙に温度差があったような…。伏見の皆様も洛中にたいして妙なライバル心があったようですし…。そして著者の嵯峨野でも同じようなことがあったようです。ご当地ナショナリズムって怖いですね。 坊主めくりの話がいちばんおもしろかった。作者いわく「これほど聖職者を愚弄し遊びはないだろう」信仰や宗教を雑に扱う性がある意味では平和な社会を産んだとも…。2018/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9842041
  • ご注意事項