電撃文庫<br> 竜は神代の導標となるか2

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
竜は神代の導標となるか2

  • 著者名:エドワード・スミス【著者】/クレタ【イラスト】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 特価 ¥207(本体¥189)
  • KADOKAWA(2015/10発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048652452

ファイル: /

内容説明

王国最強と謳われる蒼竜騎士ルガールに勝利したカイ。それは驚きをもって近隣の領主たちに受け入れられる。カイたちは無視できぬ勢力として注目されるのだった。エレナの兄リチャードら優秀な補佐も揃い、カイはヴェーチェル領を制圧すべく、シギル家の本城に迫る! 本来なら、すでに勝敗は決したと言ってもよい戦い。だが、ウェイン・グローザはさらなる刺客を送り込む。通称「蛇」。その者は王国軍においても畏怖される実力の持ち主らしい。ヴェーチェル城攻防戦の決着はいかに!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

皐月

35
王国最強と謳われる蒼竜騎士ルガールに勝利したカイ。それは驚きをもって近隣の領主たちに受け入れられる。2巻では、主人公陣営が味方や領地を増やすべく、進撃を開始します。戦記ものだから主人公カップルのいちゃいちゃっぷりは、あまり入れてほしいないです2017/10/11

真白優樹

10
新たな味方を加え敵の本拠地に迫る今巻。今回は後始末というか足場固めといった感じの回であり、バトルは控えめ、その分ラブが多めとなっている。・・・というか愛人を作る理由が随分と納得できる理由というのが興味深いな。主人公補正とかの結果よりはよほど納得できる。・・・てか本妻のエレナとのいちゃつきが前回にも増して凄いことになってるな。もはや若夫婦というか何と言うか・・・かなりの安定期に入っているのではないだろうかこの二人。・・・てかあっさりしてるけど結構な大ピンチになってるな。どうなるやら。 次巻も楽しみである。2015/07/13

いっしー

7
これ、名前出てませんでしたけど隠密鉄騎竜の名前はスペルだったりするんでしょうか、永久欠番的な意味で。メインヒロインとらぶらぶちゅっちゅでルート確定な、MFJ文庫あたりじゃ絶対出せないようなロボットアクションラノベ第2弾。主人公たちの決起とそれに呼応する周辺勢力、敗者たちの意地や油断からくる失敗など、済ませるべきイベントをそつなくこなしており、安定した面白さ。欲を言えばもう少し意外性のある展開があってもいいとは思いますが。どうでもいいけど、ブラウン卿の振る舞いが完全にツンデレ金髪ツインテール少女なんですが。2015/07/20

サエズリ割津

5
3巻で来るであろう大きな山場に向けた準備の巻。前回は世界観説明とロボットバトルが主でしたが、今巻では、バトルの熱さは残しつつ結構恋愛方向にも重きを置いていてよかったです。しかしアンジュが愛人公認されたのには驚きました。エレナはやっぱり器が大きい。けれどカイが自分に構ってくれなくて拗ねるところには年相応のかわいらしさがあり、正統派ヒロインらしかったです。家督を継ぎ覚悟を決めたカイが今後どのように動くのか次巻も楽しみです。2015/07/19

ブー

5
今巻も、面白かったです。前巻の戦闘が終わり、新たな局面かと思いきや、新キャラ、エレナ兄の登場で、戦略的な部分と人間関係に幅が出てきました。また、主人公・ヒロイン共に、物語の中核を担う意識の覚悟も・・・今巻、竜騎士バトルよりも、勝者側・敗者側双方の葛藤がよく紡がれていたと思います。次巻も楽しみです。2015/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9795545

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす