書かずに文章がうまくなるトレーニング

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • 電子書籍
  • Reader

書かずに文章がうまくなるトレーニング

  • 著者名:山口拓朗
  • 価格 ¥1,386(本体¥1,260)
  • サンマーク出版(2015/08発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784763134738

ファイル: /

内容説明

日常生活でちょっと意識を変えるだけで、
あなたの文章がみるみる上達する方法!


「文章を書き始める段階で、文章の良し悪しは9割方、決まっているものです」

18年間で2300件以上の取材・インタビュー歴を誇るライターの著者は、こう断言します。
その秘訣は、書く前の「思考」と「準備」にあります。
「なんとなく書く」スタイルから「考えたうえで書く」「書く前の準備に力を入れて書く」スタイルにシフトするだけで、
あなたの文章は格段にうまくなります。

本書では、分かりやすい文章、説得力のある文章、深みのある文章、
興味を引く文章を書くために必要な「思考力」と「準備力」を効果的に鍛えるトレーニング方法をご紹介します。
トレーニングといっても、その多くがノートやペンを必要としません。
道具を使わずに、つまり文章を書かずに、いつでもどこでも取り組めるものばかりです。
さあ、決して「書くことなく」、文章力に磨きをかけていきましょう。


*目次より

第1章 文章力が総合的に向上するトレーニング
第2章 分かりやすい文章を書くトレーニング
第3章 説得力のある文章を書くトレーニング
第4章 深みのある文章を書くトレーニング
第5章 興味を引く文章を書くトレーニング
第6章 文章であなたの世界と人生が変わる

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

桜井葵

62
【文章を書きたくなる本】この本はそんな行動力をあげてくれる作品です。コピーライティングや文章術の本を沢山読んできましたが、特に海外の書籍などは理解しにくいモノばかりでした。そんな人にはこの本を初心者にはこの本1冊あれば読めば解決します。私の定義では良い本というのは知識やテクニックを理解するための本でなく【行動力】上げてくれる作品。この本は何度も読みかえして実践しえゆる本だと感じました。2019/01/31

なると

18
書き始める前に「思考」「準備」をするってこと【備忘録】ルーチンを作ると集中力が高まる/自分のスイッチを発見/自分の妨げとなる敵、集中力を低下させるものは何か知る/これくらいの時間で書けると分かれば、それより2割短縮を設定して書く/別の言葉で言い換えるトレーニングをする/理由が解らない感情を放置しない。感情を文章にするとき、その理由を突き止められる人とそうでない人とでは文章のクオリティに差が生じる/正直に書くことに躊躇しない。自分が否定される、バカにされる、嫌われると恐れを抱かない/人の文みてわが文直せ。2016/07/23

シュンスケ

10
毎回文章を書こうとするたびに悩む、まさに僕のような人のために書かれた本。普段の思考の習慣を変えれば、文章を書く力も上がるということを改めて理解できた。要するに「アンテナをはる」「疑問を持つ」「本質をつかむ」等々を日々の目標とすることで、文章力向上という目的に近づく。自分の書いたものをもっと誰かに読んでもらいたいと思う人にとっては、読んでみて損はない1冊。2016/05/15

futabakouji2

7
書けばなんとかなると思っていたら大間違いです。読書層の設定や5w1Hのことに触れている。勉強になった。 2018/08/20

niko

6
「書かずに文章がうまくなる」というタイトルに惹かれて読んでみました。自分のデータベース代わりに書いてるこのブログの他に情報発信する機会はあまりないので、発信力にはそれほど興味があるわけではないのですが、面白かったです。2016/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9796543
  • ご注意事項