遺言 日本の未来へ

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • Reader

遺言 日本の未来へ

  • 著者名:日経ビジネス【編】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 日経BP(2015/08発売)
  • ポイント 22pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822279226

ファイル: /

内容説明

戦後70年――。2015年夏、私たち日本人は大きな節目を迎えます。

日本の安全保障のあり方が大きく転換しようかという今、第二次世界大戦下の日本を直接知る先達に、戦争とは何だったのか、戦後復興、高度経済成長とはどんな時代だったのかを語ってもらうことは、極めて意味のあることでしょう。

そこで経済界、政界、文化界などで戦後の日本を支えた重要人物31人に、日本の未来に向けた「遺言」をいただきました。焼け野原から輝ける時代を築いた当事者には、若い世代にはない強烈な視座があります。混迷の時代を生きる日本人が、この先失ってはならないものとは。未来を拓くために受け継ぐべきものとは。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

34
生き方を極めた人の言葉から謙虚に学び、未来に生かす(2頁)。スズキ自動車の鈴木修氏は、他人に迷惑をかけず、正しく生きる最低限のモラルを守ってほしい(23頁)。宮内義彦オリックスシニア・チェアマンは、45歳ならチャレンジするという(58頁~)。エステー会長鈴木喬氏は、何が怖いかといえば、戦争が怖い(170頁~)。一度戦争が起こると、経済がどうのこうのの次元とは違う。死ぬか生きるか(172頁)。アース製薬特別顧問大塚正富氏は、使命は、クリエーティブな商品を出して世の中のお役に立つこと(190頁)という2015/12/31

石川さん

3
大企業創業者などによる若者への提言(遺言)集。ほとんどの方が、戦争を紙一重で生き残り、戦後の混乱期を「なにくそ」で乗り切っているので、言葉がとても重い。「高度成長できたのは(パージなどで)古い世代がいなくなったから。」「戦後混乱したのは日本だけでなく、ドイツもフランスも中国もそう(確かに!)。」「戦争中でもアメリカの雑誌は日本の強み弱みの分析をしていた。日本はただただ「鬼畜米英」。」経営者の手柄話と説教だけではないです。お薦め。2016/01/14

うちのネギ知りませんか?

2
読み疲れた笑。軽いタッチで話されてるが、話は重い。戦前を生き抜いた著名な方々の共通項は「戦争は憎むべきで、もう起こしてはならない」と言う事。また当然ながら自身(特に経営者の面々)に確固たる信念を持っていると言う事。自分にとっては会った時ほどではないが、胆力が要る本でした。2021/10/26

HALI_HALI

2
大変な良書。戦後を駆け抜けた方々が、若者に対して伝えたい思いを簡潔に述べている。お言葉を拝聴したという感覚。楽しい人生を自ら作ること。そのためには、日々、自分が出来る事、やりたい事を泥臭く前へ前へ押し進める事。前へ進むには一人では限界がある。共通の目的を持つような同志と手を取り合い、団結して物事を成し遂げれば良い。だからこそ、己の人間性を磨き他者への共感を持つ事が重要なのだ。全ては、「どう生きて、どう死ぬか」の一言に尽きる。2017/03/19

mameshiba3

1
第二次世界大戦を経験している社長、著名人達へのインタビュー集。そうそうたる顔ぶれ。今はなき堺屋太一、佐藤安太、佐々木正、堀場雅夫さん等のメッセージも。「はじめに」の部分に記載されているが、戦争を体験して生き抜いてきた方々の言葉に凄み、迫力がある。インタビューを受けた全員が共通して言っている言葉は「戦争は絶対にやめたほうがいい」。メモに残しておきたい言葉が沢山ある。20代、30代はもちろんあらゆる世代に読んでほしい本。もっとこの本が知られてほしいと思う。2019/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9778969

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。