トーチコミックス<br> くも漫。

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

トーチコミックス
くも漫。

  • 著者名:中川学【著者】
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • リイド社(2015/08発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784845844135

ファイル: /

内容説明

堀江貴文氏絶賛!!
「無職、持病持ち、彼女なし……社会の最下層と思われる男性が、風俗店で“くも膜下出血”で倒れるという最下層の更に下を行く壮絶な体験を漫画化。“我こそは社会最下層”という読者も読んで安心できるぞ!」

半ニートのアラサー男が風俗店でくも膜下出血を発症……
恥と死が隣り合わせの過酷すぎる闘病生活と、それを支える家族の絆を描く
全国民必読、爆笑と感動の実録ドキュメント漫画!!

こんにちは、中川学です。
私は29歳の時に「くも膜下出血」を発症しました――――

定職に就かず親もとで暮らす学だったが、
ある日、父親のコネで教育現場の仕事を得る。

やりがいのある仕事に気を良くした彼は、
給料を握りしめ、意気揚々と札幌ススキノの風俗店へ。
最高のサービスにより、絶頂を迎えたその瞬間………!!

高度な医療技術と家族の愛に支えられ、
死の淵から辛うじて生き延びた著者が
全人生を賭して描く笑いと涙の闘病記。

笑いごとではない、しかし笑わずにはいられない衝撃の展開にwebトーチ(http://to-ti.in/)連載時から大反響を呼んだ問題作が、「現役脳外科医による解説」「描き下ろしおまけ漫画」付きで単行本化!


<「くも膜下出血」とは>
【概要】脳表と脳を覆うくも膜の下に出血が広がった状態を指す。
【原因】ほとんどは脳動脈瘤の破裂によるもの。
【症状】猛烈な頭痛、吐き気、嘔吐。より重篤な場合は傾眠、錯乱、麻痺、四肢の硬直等も出現し、危険な状態となる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

8
こういうことを繰り返してる知り合いって、いるんだよね(私ではありません)。最悪の事態だよなあ。お見舞いで、無邪気にどんどん追い込んじゃうおばさんって、いかにも北海道人らしくて爆笑せざるを得ない。書かなくてもいい実名(だよなあ)を曝しているのは、ささやかな復讐?ギャグ漫画家としての覚悟の表明?てらいもなく柳月と六花亭を持ち上げてしまうのは、十勝人の性。2017/03/20

ユカコ

8
【新年早々】【すすきのの】【風俗店で】くも膜下出血に倒れた作者の生還の記録。深刻な状況であるにもかかわらず、体もしんどいのに、親や親戚に倒れた場所を悟られまいと必死になる様子に笑ってしまう。逼迫した作者の弟の手記と、本人のいろんな意味での必死さの対比も面白い。ここまで赤裸々に「自分」をさらけ出せる人がどれほどいるかな。ただの闘病記ではない、なんだってネタにしてやる!俺を見ろ!的な気迫を感じました(絵はゆるいけど) 強いな。2016/07/19

フロム

5
考えうる限り最悪の状況下でくも膜下出血に成ってしまった作者。少々出落ち感があるものの、中々の構成力。特に手術後後遺症が発生しないか不安になるくだりは経験者じゃなくては理解できない恐ろしさ。そういった意味でも相当啓蒙活動に貢献してると思う。2016/02/23

片桐安十郎

5
闘病漫画なのにそこには感動もなく、風俗でイッた時にくも膜下出血になった男が家族や周りの人々に支えられながら回復していくというストーリーなのに作者の性欲が強すぎて笑いしか出てきませんでした...最高です!!最高の一言に尽きます。ここまで凄い内容なのに笑ってしまう所が逆に面白いなと感じてしまいました。2015/10/03

nori

4
Pinanood ko ang sine maliban sa manga. Sa tingin ko, hindi nag-ayos ang imahe ng masakit ng ulo. Seguro manga ang mas maganda.2019/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9819643

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。