集英社文庫<br> あやかし草子

個数:1
紙書籍版価格 ¥572
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
あやかし草子

  • 著者名:千早茜【著】
  • 価格 ¥528(本体¥480)
  • 集英社(2015/08発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087452495

ファイル: /

内容説明

古い都の南、朽ちた楼門の袂で、男は笛を吹いていた。笛を吹いてさえいれば、男は幸せだった。ある春の夜、笛を吹く男の前に、黒い大きな影が立っていた。鬼だ。笛の音を気に入った鬼は、男に絶世の美女を与え、百日の間は絶対に触れてはならぬと告げるが……(「鬼の笛」)。人ならざるものを描くことで浮き上がる、人間の業や感情。民話や伝承をベースに紡がれた六編を収録した短編集。

目次

鬼の笛
ムジナ和尚
天つ姫
真向きの龍
青竹に庵る
機尋

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

211
ホラーテイストで展開しながらも、しっかりと「愛」をテーマに書き綴る千早さん、本作もさすがでした。しかし、本音はやはり千早さんには現代の歪んだ「愛」を書いた作品をもっと書いてほしいかなと。恒川さんレベルに文章が洗練され、あまりにもキレイすぎて‘流れ’すぎてしまいます。本作は「あやかし」な生き物(もののけ)がそれぞれ登場し、あらゆる愛情を幻想的に表現します。純愛ファンタジーとでもいうべき作品でしょうか。個人的には『ムジナ和尚』がとても印象的でした。決して深すぎずも浅くはなく、まさしく「文学」の世界です。2014/11/28

新地学@児童書病発動中

128
異形の者たちを切なく、美しく描く短編集。泉鏡花を思わせるところがあり、非常に好みだった。読みながら、こういう物語が読みたかったんだよ、と何度も思った。泉鏡花と異なる点もあって、それはどの登場人物たちが孤独を感じている点だと思う。その点が現代的だし、哀切な情感を生み出している。例えば、「天つ姫」のヒロインは気丈な性格の故、人間社会では浮いた存在で、天狗と心を通い合わせる。「機尋」が私のベスト。泉鏡花の世界に一番近い幻想文学の傑作。夕焼けと白繭の色の対照が絶妙。機を織る行為は物語を作る行為に近いのだ。2017/06/25

扉のこちら側

105
2018年174冊め。遠野物語のような、どこか懐かしいあやかしと人間との交わり。著者の作品を読むのは『魚神』に続いて2作目になるが、魚神ほど毒はなく、民話の趣がある。古ムジナが涙を理解する話が印象的。2018/06/07

ゴンゾウ

105
人と人ならざるあやかし達との交わりを描いた短編集。鬼、天狗、ムジナ、龍、幽霊、座敷童と様々なあやかしが登場する。何故か恐怖心は全く感じない。むしろ懐かしい心地良さが漂っている。人との交わりであやかし達がより人間らしく思えて来る。【ナツイチ 2017】2018/04/25

ジンジャー(C17H26O4)

90
人の世はこわいよ。だから鬼やムジナであるのがよいかもしれない。あやかしでありたいかもしれない。あやかしは、ただただ純粋であるだろう。惑わされるのは人間の方が常かもしれないが、でも、たまさかに、人間の情に触れて惑わされるあやかしでありたいかもしれない。それか、やはり、女のままでありたいかもしれない。鏡の中を毎日覗き、現し世ではない、こことは違うあちら側を毎日見つめる女で。いいえわたくしは見ませんよ、蛇もこの姿も仮の姿です、という女で。2020/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8639561

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。